スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内分泌 その5 バセドウ病

 みなさん,こんにちは 。
今日は前回の続きで甲状腺の疾患についてやります。

まずは,前回の問題の解答・解説ですね。

1 甲状腺のホルモンには代謝亢進の機能があるね。
ですね。

2 甲状腺ホルモンには,発育を促す機能があります。
成長ホルモンと協力して骨の形成にも関与します。
さらには,カルシトニンが骨形成の作用がありますよね。
ですね。

3 腺細胞とは分泌機能を有する細胞のことです。
甲状腺はホルモンを分泌していますよね。
です。

4 甲状腺ホルモンは,チロシンにヨウ素(ヨード)が結合したものですね。
当然です。

5 甲状腺ホルモンは代謝の亢進が促進されますね。
そうすると,脂質の代謝も亢進されますね。
したがって,血清コレステロール値は低下します。
×です。

6 サイロキシンの分泌刺激因子は下垂体前葉から出る甲状腺刺激ホルモンですね。
それ以外にも,血中サイロキシンの濃度低下などもあります。
×です。

7 血圧が低下しても,甲状腺ホルモンには血圧調整機能はない。
代謝の促進です。
×ですね。


(4)甲状腺機能亢進症バセドウ病

① 概念

甲状腺からの甲状腺ホルモンが過剰に分泌している状態です。

女性に多い病気で,自己免疫疾患の一つです。

② 症状

メルゼブルクの3主徴が有名ですね。

ア 甲状腺腫 甲状腺が肥大します。

イ 眼球突出 眼球が飛び出てきます。

ウ 心悸亢進 心臓がどきどきします。カテコールアミン(カテコラミン)の促進ですね。

それ以外にも,甲状腺の生理機能を考えればわかりますよね。

たとえば,

発汗  熱の産生が増大するのですから発汗も多くなりますよね。

高血圧 カテコラミンの促進ですね。

振戦  手指の振るえ,これもカテコラミンの促進ですね。

高血糖 カテコラミンの促進です。

るいそう 多食にもかかわらず,やせていくんだ。

甲状腺ホルモンは代謝亢進だからだね。

これなんかは,う~ん,なってみたいなんて思うかもね。笑

でも,本人は大変だから不謹慎なことは言わないようにね。笑

精神活動の活発化 カテコラミンの促進の結果だね。


③ 検査

まずは,血液検査です。

血液中の甲状腺ホルモンの量を測定し、過剰になっているかどうかを調べるます。

ただ,10人に1人ぐらいは血液検査では分からない場合があります。

その場合には,アイソトープ(放射線ヨード)検査を行います。(シンチグラム

これは,ヨードが甲状腺に集まりやすい性質を利用したもので,バセドウ病であれば多くの放射線ヨードが甲状腺に集まります。

これで判断します。

他に,CTスキャン超音波検査などがあります。

④ 治療

薬物療法

チアマゾール(メチマゾール)

これは甲状腺ホルモンの合成をブロックします。

これによって血中の甲状腺ホルモンの量を減らします。

プロピルチオウラシル

同じく甲状腺ホルモンの量を減らします。

アイソトープ治療

放射性ヨードを服用して,甲状腺に集まった放射性ヨードの働きで甲状腺の細胞の数を減らす方法です。

手術療法

過剰にホルモンを分泌している甲状腺を外科的に切除します。

甲状腺を切除することにより、ホルモンの過剰産生を是正します。

切除するので元には戻れません。

したがって,慎重に行います。当然ですね。

⑤ 看護

ア ヨードの制限 甲状腺ホルモンの材料になってしまいます。

イ 保清 患者さんの体を清潔に保つことです。

ウ 高エネルギー・高たんぱく食

エ 水分・電解質の補給

オ 精神的安定 精神活動が活発になっていますから,それを安定させる必要があります。

カ 高熱や喉の痛み 薬物療法による副作用です。

白血球のなかの顆粒球という細菌を殺す細胞がなくなってしまう副作用です(無顆粒球症)。

白血球の減少ですね。

キ 手術前 大量のヨウ素剤の服用

これによって,一時的に甲状腺機能を低下させて,術中の出血量を減らすためです。

ク 手術後 頸部の安静 発声の制限 

甲状腺クリーゼの早期発見 

甲状腺クリーゼは,急激に甲状腺機能が亢進して高熱や頻脈,意識障害が出現することです。

致死率が30%ほどもあり,とても危険です。

ケ 手術後 反回神経麻痺の確認

声帯の運動性が障害された結果、息もれするような声がれや、誤嚥,むせといった症状が起こります。

気道が狭くなるため呼吸困難や喘鳴が起こります。

コ 手術後 後出血

声門浮腫などが生じる。

⑥ 過去問

ちょっと,イライラしたので過去問をやりましょう。笑

1 バセドウ病は副甲状腺機能亢進によって生じる。

2 サイロキシンの作用は物質代謝の促進であり,甲状腺機能亢進症では基礎代謝率の上昇が見られる。

3 通常,頻脈とは成人では1分間の脈拍数100以上いい,甲状腺機能亢進症などに現れやすい。

4 不安や焦燥感など情緒不安定となる。

5 バセドウ病にみられる神経症状に振戦がある。



 良かったら,下にある拍手を入れてください。




スポンサーサイト

テーマ : 医療従事者になるための勉強
ジャンル : 学校・教育

内分泌 その4 甲状腺

 皆さん,こんにちは。
すっかり涼しくなりました。

涼しくなって,勉強しやすくなるかな。 

はじめに,前回の問題の解答・解説です。


1 下垂体後葉は神経膠と神経線維でできています。
そうすると腺組織とは何かだね。
これは分泌機能を有する細胞です。
下垂体後葉は視床下部で作られたホルモンを出しているんだよね。
ということはだね。

2 ありますね。です。
図を確認してください。

3 です。語呂合わせを思い出してね。

4 です。語呂合わせを思い出してね。

5 オキシトシンは下垂体後葉から出ているね。
だから×ですね。

6 水の再吸収なのでバソプレシンだね。
これは下垂体後葉から出ているね。
ということは×だね。

7 成長ホルモンのことを言っているね。
下垂体前葉から出ているね。
だからです。

8 甲状腺刺激ホルモンだね。
これも下垂体前葉から出ています。
これもです。

9 性腺刺激ホルモンだね。
これも下垂体前葉から出ています。
これもです。

10 抗利尿ホルモンが出ると体内の水分が増えて,その分体液が増えるね。
体液が増えれば,その分血圧が上がるね。
ここまでは良いね。

と言うことは,血圧が低下したら,抗利尿ホルモンの分泌は亢進するね。
そうすれば,血圧が上がるでしょ。

だから,×になるね。

11 バソプレシンは,下垂体後葉から分泌されます。
そして,抗利尿ホルモンなので尿は減るんだよね。
ということは,×ですね。

12 プロラクチンは,下垂体前葉から出て,乳汁分泌作用があるね。
ということは,ですね。

13 オキシトシンの標的器官は,子宮だよね。
子宮を収縮させるんだね。
したがって,×です。 


6 甲状腺

(1)構造

甲状腺は甲状軟骨(のどぼとけ)の下にあり,蝶の形をしています。

下の図では緑色の部分にあたります。

右葉左葉に分かれ,中央を峡部といいます。

重さは約20gぐらいあります。

甲状腺は濾胞(ろほう)と呼ばれる袋状の構造を持っており,濾胞上皮細胞(ろほうじょうひさいぼう)で甲状腺ホルモンは産生されます。




(2)機能

甲状腺ホルモンには,トリヨードサイロニン(T3)サイロキシン(T4)

そして,カルシトニンがあります。

これらも語呂合わせで覚えられます。

あとでやりますね。

トリヨードサイロニンは,チロシンというアミノ酸にヨウ素(ヨードとも言う)が3個ついたものを言います。

サイロキシンは,ヨウ素が4個ついています。

だから,T3とかT4と言うんだ。

トリヨードサイロニンやサイロキシンは,全身の代謝亢進による酸素消費拡大,熱の産生たんぱく質の合成発育の促進などの機能があります。

 トリヨードサイロニン,サイロキシンの作用は,代謝亢進,熱の産生,発育の促進です。

 甲状腺ホルモンが過剰に出ると痩せるといわれるのは,この辺りに原因があります。

 代謝がよくなるんだから当然痩せますよね(笑)。


また,チロシンはドーパ→ドパミン→ノルアドレナリン→アドレナリン→の順で合成されます。

これらはカテコール核の化学構造を持っているのでカテコールアミン(カテコラミン)と呼ばれます。

そのため,それぞれのホルモンの生理作用が起きてきます。

代表的な作用は,瞳孔散大心拍亢進発汗などです。


次は,カルシトニンです。

カルシトニンは,甲状腺の濾胞間結合組織にある傍濾胞細胞(ぼうろほうさいぼう)から分泌されます。

カルシトニンは,血中のカルシウムイオンが増加すると分泌されます。

カルシトニンには,骨形成を促進する機能があります。

骨形成では,カルシウムが骨に移ります。

その結果,血中のカルシウム濃度は低下することになります。

 そこで,どう覚えるかです。

 私は「シトシト骨がつく」カルシトニンと覚えています。

 骨形成なので「骨がつく」わけです。

 その結果,血中のカルシウムイオンが低下するのです。


 カルシトニンの作用は血中のカルシウム濃度を低下させることです。


また,腎臓におけるカルシウム,ナトリウムなどの排泄が増加し,体液の調整を行っています。

カルシウムは,人間の身体の中に約1Kgあり,そのうち,99%は骨や歯として存在しています。

残りの約1%が血液や体液,あるいは筋肉の中にある形になります。

カルシトニンは,このあとでやるパラソルモンと拮抗的に働くことになります。

拮抗的に働くというのは,その効果を打ち消しあうという意味です。

カルシトニンは血中カルシウム濃度が低下する作用がありますが,パラソルモンは血中カルシウム濃度が上昇する作用があります。

お互いの作用を打ち消しあっているでしょ。

パラソルモンは副甲状腺(上皮小体)でやります。



あ~,忘れるところだった。

語呂合わせがあったね。

私の場合は「甲介は鳥でさいを狩る」といっています。笑

甲介さんが,鳥を使ってサイを狩ろうとしている,そういうイメージですね。

狩猟ですね。

なんか無茶だけど,イメージだから。笑

甲介は,甲状腺です。

鳥は,トリヨードサイロニンです。

さいは,サイロキシンです。

狩るは,カルシトニンです。



こんな感じです。


(3)過去問

それじゃ,ここで過去問をやってみようか。

1 甲状腺ホルモンは代謝を促進するホルモンである。

2 甲状腺ホルモンは骨の代謝を通して成長に関与する。

3 甲状腺ホルモンは腺細胞で生成される。

4 甲状腺ホルモンの産生にはチロシンとヨードが必要である。

5 サイロキシンは甲状腺ホルモンで、分泌が過剰になると血清コレステロール値は上昇する。

6 サイロキシン(T4)の分泌刺激因子はカルシトニンである。

7 血圧が低下しても甲状腺ホルモンの分泌は亢進しない。

以上です。

解答,解説は次回にやります。



音声動画はyou tubeにあります。

https://www.youtube.com/watch?v=Hz_JhXcCJa0

ツイッターはzackzack1224です。

ブログ・動画が更新されるとツイートされます。

テーマ : 医療従事者になるための勉強
ジャンル : 学校・教育

内分泌 その3 下垂体

 それじゃ,今日は下垂体から行きます。
ホルモンの数が多く,間違えやすいので注意してください。

5 下垂体

(1)構造

下垂体は,間脳の視床下部からぶら下がる大豆状の内分泌腺です。

重さは0.5~0.9gあり,トルコ鞍(とるこあん)の中にあります。

下垂体は腺組織からなる腺性下垂体(前葉)と神経組織である神経性下垂体(後葉)に分けられます。

いわゆる下垂体前葉下垂体後葉に分けられます。

正確には中葉もありますが,試験的に問題にならないので省略します。

前葉は視床下部と下垂体門脈でつながっています。

この場合の門脈とは,毛細血管から出てきた静脈が,また毛細血管となる場合を言います。

後葉は視床下部の続きで神経線維でつながっています。

下の図で言うと赤とか黒のラインです。
2-41.jpg


(2)機能

内分泌のところでは,さまざまなホルモンが出てきます。

このホルモンの名前そして機能を理解することがとても重要です。

まず,ホルモンの名前ですね。

語呂合わせで覚えるのが良いかもしれませんね。

あとで言います。

それから機能です。

生理機能ね。

① 前葉ホルモン

前葉ホルモンは5つあります。

まず,数を覚えてね。

成長ホルモン(GH)

骨や筋肉の成長。

あるいは糖や脂質の代謝を促進します。

この成長ホルモンは年齢を重ねると出にくくなります。

40代になると20歳の頃の4割ぐらいになります。

老けて見られたくないなら(笑)、成るべく減らさないようにしましょう。

加圧トレーニングだとかスロートレーニングに効果があるといわれています。

甲状腺刺激ホルモン(TSH)

甲状腺ホルモンの分泌を促進します。

詳細は甲状腺のところでやります。

副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)

副腎皮質の束状帯を刺激して糖質コルチコイドの分泌を促進します。

詳細は副腎皮質のところでやります。 

性腺刺激ホルモン(ゴナドトロピン)

性腺刺激ホルモンは卵胞刺激ホルモン(FSH)黄体形成ホルモン(LH)があります。

卵胞刺激ホルモンは,女性に対しては卵胞の発育を刺激して卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌を促進します。 

そして,男性に対しては精子形成に働きます(精子形成ホルモン

黄体形成ホルモンは,女性に対しては卵胞の成熟を促進して排卵させます。

また,黄体ホルモン(プロゲステロン)の分泌を促進します。

男性に対しては,男性ホルモンの分泌を促進します。

プロラクチン(PRL)

プロラクチンは,乳腺を刺激して乳汁分泌を促進します。

乳腺を刺激することから乳腺刺激ホルモンとか催乳(さいにゅう)ホルモンとも言われます。

② 後葉ホルモン

後葉ホルモンは2つです。

下垂体後葉にはホルモンを分泌する細胞が無いため,視床下部で産生したあと神経軸索で後葉に送られます。

上の図で言うと,黒や赤のラインです。

オキシトシン(OT)

視床下部の室傍核(しつぼうかく)で産生され後葉に送られます。

オキシトシンは子宮の収縮や陣痛を起こすとともに,分娩後は射乳作用が働きます。 

バソプレシン(VP)

バソプレシンは,腎臓で水の再吸収を行います。

水の再吸収を行うことによって,尿量を減らしますから抗利尿ホルモン(ADH)とも言われます。

さて,最後に語呂合わせですね。笑

私はこうやって覚えています。

前葉については「前歯はプロが作った精巧な複製」と言っています。

これで,覚えているんだ。笑

前歯というのは前葉のことです。

ですから,前葉はとなります。

プロとはプロラクチンです。

精とは成長ホルモンです。

巧とは甲状腺刺激ホルモンです。

複とは副腎皮質刺激ホルモンです。

製とは性腺刺激ホルモンです。




次は後葉だね。

これは「後からお化けが来るぞ」といっています。笑

なんか無理やりだよね。

自分で言って笑ってしまうよ。

後は後葉を表しています。

「お」はオキシトシンです。

「化」はバソプレシンです。



(3)過去問

こんなところでしょうか。

さて,ここからは過去問をやりましょうか。
○それとも×

ここは理由が言えるようにしましょう。
ここは,これこれこうだから○とか,×という風にね。


1 下垂体の後葉は神経膠細胞と神経繊維からなり、腺組織はない。

2 下垂体には下垂体門脈系とよばれる特殊な血管系がある。

3 成長ホルモンは脳下垂体前葉ホルモンである。

4 甲状腺刺激ホルモンは脳下垂体前葉ホルモンである。

5 オキシトシンは脳下垂体前葉ホルモンである。

6 下垂体前葉ホルモンには腎で水分の再吸収を促進する作用がある。

7 下垂体前葉ホルモンには成長を促進する作用がある。

8 下垂体前葉ホルモンには甲状腺ホルモンの分泌を促進する作用がある。

9 下垂体前葉ホルモンには性ホルモン産生を刺激する作用がある。

10 血圧が低下しても抗利尿ホルモンの分泌は亢進しない。

11 バゾブレッシンは下垂体前葉から分泌され、血圧を上昇させ、腎臓における尿の生成を亢進させる。

12 下垂体前葉ホルモンのプロラクチンには乳汁分泌促進作用がある。

13 下垂体後葉から分泌されるオキシトシンは心臓を標的臓器とし、平滑筋の収縮を促進させる。

解答・解説は次回にしましょうか。

ここはちゃんと理由が言えるようにしてね。

そうすれば,試験のときもできるから。

次回は甲状腺をやります。



音声動画はyou tubeにあります。

https://www.youtube.com/watch?v=bB3UPNteUUE

https://www.youtube.com/watch?v=jhic0fXeD1c

ツイッターはzackzack1224です。

ブログ・動画が更新されるとツイートされます。

テーマ : 医療従事者になるための勉強
ジャンル : 学校・教育

内分泌 その2 視床下部

 
それじゃ,次に各器官ごとに見て行きますね。

3 視床下部

(1)構造

視床下部は間脳の一部を構成しています。
下図で言うと黄緑色のところになります。


2-3

(2)機能

視床下部は,自律神経系の中枢になります。
つまり,交感神経とか副交感神経を支配しているんだね。

それと共に内分泌系の中枢でもあるんだ。
視床下部では内分泌系の最上位ホルモンを分泌しています。

下垂体前葉ホルモンの分泌を刺激するホルモン。
逆に,下垂体前葉ホルモンの分泌を抑制するホルモンです。


現在のところ,6種類の放出ホルモン3種類の抑制ホルモンが知られています。

ただ,試験ではホルモン分泌の調整機構で出題されるぐらいです。
ですので,ああこういうホルモンもあるんだ,程度で十分です。
気合を入れて覚えなくても大丈夫です。

放出ホルモン
① 成長ホルモン放出ホルモン(GRH)
② プロラクチン放出ホルモン(PRH)
③ 甲状腺刺激ホルモン放出ホルモン(TRH)
④ 副腎皮質刺激ホルモン放出ホルモン(CRH)
⑤ 性腺刺激ホルモン放出ホルモン(FSH-RH/LH-RH)
⑥ メラニン細胞刺激ホルモン放出ホルモン(MSH-RH)

抑制ホルモン
① 成長ホルモン抑制ホルモン(GIH ソマトスタチン)
② プロラクチン抑制ホルモン(PIH)
③ メラニン細胞刺激ホルモン抑制ホルモン(MIH)

さらに,下垂体後葉で分泌されるホルモンを産生しています。
下垂体後葉から分泌されるのは
バソプレシンオキシトシンです。

下垂体後葉にはホルモンを分泌する細胞が無いため視床下部で産生されています。

4 松果体

(1)構造

松果体は二つの大脳半球の間にあり,グリンピース(8mm)ほどの大きさです。

上の図で言うと青い部分です。

(2)機能

松果体はメラトニンの生産と分泌を行っています。

メラトニンは人間の概日リズムを持たせる機能を持っています。
概日リズム(サーカディアンリズム)は,おおよそ一日を24時間と認識する機能のことです。

ほとんどの生物はみんな持っているといわれています。

それじゃ,過去問を少しやりましょうか。

1 性腺刺激ホルモンは視床下部で生成される。

2 下垂体の上方は視床下部に連なっている。




1 性腺刺激ホルモンは下垂体前葉から分泌されますから視床下部ではありません。
したがって,×ですね。

2 図を見て分かるように下垂体は視床下部にぶら下がる形です。
したがって,ですね。


さて,今回はここまでにして,次回は下垂体についてやります。



音声動画はyou tubeにあります。

https://www.youtube.com/watch?v=bB3UPNteUUE

ツイッターはzackzack1224です。

ブログ・動画が更新されるとツイートされます。
 

テーマ : 医療従事者になるための勉強
ジャンル : 学校・教育

内分泌 その1

1 内分泌とホルモン

 さて,今回は内分泌です。

 まず,ホルモンってなに?
 ここからかな。

 ホルモンとは,生体機能の調節をあずかる情報伝達物質です。
 
 生体機能の調整とありますね。
 これは一定の状態に保つことをさしています。
 いわゆる恒常性です。

 ホメオスタシスとも言いますね。

 人間の身体の中では常に化学反応が起きているんだね。
 その化学反応は,ある条件の下でしか起きないんだ。
 だから,恒常性を保つ必要があるんだね。

 それを行っているのがホルモンなんです。

 ホルモンが情報を伝える細胞はホルモンごとに決まっています。
 これを標的細胞とか標的器官といいます。

 内分泌系とは,ホルモンを組織液を経て直接に血液に分泌することによって,情報と刺激を伝達する経路のことを言います。

 直接,血液に入って標的器官まで行くんだね。
 そして生体機能を調節するんだね。

 
2 ホルモンの化学構造

 ホルモンは水に溶けるポリペプチドホルモン,アミンホルモン,油に溶けるステロイドホルモンがあります。

 化学的には

 ①ポリペプチドホルモン

  アミノ酸が鎖状に連結したホルモン

 ②アミンホルモン

  アミノ酸から作られる化合物

 ③ステロイドホルモン

  コレステロールから合成されるホルモン

 の3種類に分類されます。

 これらは標的器官の細胞膜にある受容体と結合して生理作用を起こすのか,

 あるいは標的器官の細胞膜を通り抜けて細胞内の受容体と結合して生理作用を起こすのかの違いです。

 ポリペプチドホルモンとアミンホルモンは多くの場合,細胞膜受容体と結合して生理作用を起こします。

 それに対して,ステロイドホルモンは細胞内受容体に結合して生理作用を起こします。

 このあたりは,試験では聞かれないので,この辺で止めておきますね。

 それじゃ,少し過去問をやりましょうか。

1 下垂体から分泌されたホルモンは導管を経て上咽頭に排出される。

 ホルモンは,直接血管に入って標的細胞まで行くんだよね。
 導管は外分泌腺にあるもので,汗腺や唾液腺などは導管を通して体表や体内の腔所に分泌液を送り込みます。
 ホルモンは導管がないので×になります。



音声動画はyou tubeにあります。

https://www.youtube.com/watch?v=nAhlRxgz3lo

ツイッターはzackzack1224です。

ブログ・動画が更新されるとツイートされます。

テーマ : 医療従事者になるための勉強
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

zack

Author:zack
公開講座はこちらです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (0)
内分泌 (21)
循環器 (1)
公衆衛生 (14)
日記 (67)
呼吸器 (11)
代謝 (0)
社会保障 (6)
関係法規 (7)
腎・泌尿器 (2)
消化器 (0)
試験関係 (3)
公衆衛生2 (4)
公衆衛生3 (5)
公衆衛生4 (2)
趣味 (0)
公衆衛生5 (1)
ブロとも一覧

with×××
忍者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。