スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

呼吸器疾患3

みなさん,こんにちは。

暑いですね。

連日の真夏日ですか。


ところで,3ヶ月ほど前から左のひじが痛みます。

理由は,はっきりしているのですが,なかなか治りません(笑)。

そうしたら,家族の者が言います。

シャー大佐の呪いだ

023.jpg

シャー大佐の右腕が取れているんです。

シャー大佐の呪いのせいでしょうか?

右腕を着ければ治るのでしょうか??

左のひじは,だいぶ良くなってきてはいるんですけど……。



まず前回の問題の解答・解説です。

問題1 閉塞性換気障害ですから,気管支喘息と肺気腫です。

    気管支喘息は今回やります。

問題2 呼気時に気道閉塞が起こります。

    息を吐く時に,気道(空気の通り道)が詰まるということです。

    です。

問題3 肺気腫は1秒率が低下します。

    です。

問題4 労作時呼吸困難になります。

    です。

問題5 肺気腫では閉塞性換気障害が起きます。

    ×です。

問題6 間質性肺炎は拘束性肺機能障害です。

    です。

問題7 間質性肺炎では,結合組織である間質に炎症が起こります。

    ×です。

問題8 肺線維症では乾性咳が起こります。

    湿性咳ではありません。

    ×です。

問題9 横隔膜が下がるのは,肺気腫です。

    間質性肺炎では,肺が小さく硬くなります。

    そのため,横隔膜は上がります。

    ×です。

問題10 肺胞が硬く厚くなるのですから,ガス交換がしにくくなります。

    そのため,呼吸不全になりやすくなります。

    です。


今回のテーマは呼吸器疾患3になります。

まだ,もう少しあります。

今回は,気管支喘息気管支拡張症です。

まずは,気管支喘息です。

1 気管支喘息

(1) 概念

 まずは,気管支喘息とは何かですね。

 気管支喘息は,気管支の慢性的な炎症により,気道(空気の通り道)が狭窄し(狭くなり),呼吸のたびにヒューヒュー,ゼーゼーという喘鳴(ぜんめい)を伴った呼吸困難が起こる閉塞性換気障害の一つです。

 気道が狭くなり,肺での酸素の取り入れと二酸化炭素の排出がうまくいかなくなります。


 喘息は,アトピー型(外因型)非アトピー型(内因型)に分類されます。

 アトピー型は,ダニなどの空気中の環境抗原に対して,アレルギー抗体(免疫グロブリンE)(IgE)が産生され,化学伝達物質が放出されて喘息反応が起こります。

 正確に言うと,産生されたIgE抗体が肥満細胞に結合して,肥満細胞から化学伝達物質が放出されます。

 いわゆる1型アレルギーといわれるものです(詳細はアレルギーの説明でやります)。

 非アトピー型では,環境以外の原因(主に感染)で喘息が起こります。


(2) 症状

 ① 症状としては,まず喘鳴(ぜんめい)です。

   気管,気管支が狭窄し,呼気時(息を吐く時)に細いところを通ると,ヒューヒュー,ゼーゼーと音が鳴ります。

   喘息発作は,夜間から明け方にかけて起こりやすくなります。

   季節としてはです。

   また,冷たい空気に触れると発作が出やすくなります(寒冷刺激)。

 ② 初めは,喉が詰まるような感じがあり,やがて喘鳴が起こり呼吸困難となります。

   呼吸困難がひどくなると,横になっていられなくなります。

   やがて,前かがみになって呼吸をするようになります(起坐位呼吸)。

 ③ 呼吸困難が続いた後に,咳や痰が出ます。
 
   気管や気管支からの粘液分泌が亢進します(盛んになる)。

   その結果,咳や痰が出ます

   痰は透明で粘りけが強く,なかなか吐き出しにくいものです(湿性咳嗽) 。


   重い発作では,呼吸困難が激しくなり,それが持続します。

   重症になると,血液中の酸素が不足するため意識を失います。

   また,指先や唇が紫色になるチアノーゼ状態脱水状態にもなります。

   重い喘息状態が24時間以上続くことを「喘息の重積発作」といいます。

(3) 検査と診断


  まず,発作時の咳・喘鳴や呼吸困難が夜間から明け方にかけて出現(現われる)するかで診断されます。

  また,気道閉塞の可逆性(元に戻るか)があるか否か。

  気管支喘息では,通常可逆性があります

  血液検査によって,好酸球の増加免疫グロブリンEの上昇が認められるか。

  気管支喘息では,気管支壁に好酸球浸潤(染込むように広がること)と平滑筋肥厚が認められるます。



  好酸球とは,酸性の色素に赤く染まる特殊な顆粒を持つ白血球のことをさします。

  好酸球は,1型アレルギーの時に増加する性質を持っています。

  気管支喘息は1型アレルギーなので好酸球は増加することになります。


  また,気管支の平滑筋はリモデリングによって肥厚(厚くなる)が認められます。

  発作を繰り返すと,気道炎症が慢性化して気管支壁が厚くなったり,気道が狭くなったりします。

3-76.jpg

  リモデリングとは再構築という意味ですが,元に戻るというより,悪く戻るというニュアンスが含まれます。

  上図でも,平滑筋が厚くなって,気管支粘膜に浮腫(はれ)がみられます。

  その結果,息が吐けなくなります。

  
(4) 治療

 気管支喘息の治療は,かつては気管支平滑筋の収縮をとる気管支拡張薬が治療の主流でした。

 しかし,喘息が慢性の気道炎症だということが分かり,現在では抗炎症作用の強い吸入ステロイド薬が中心となりました。

 現在の喘息治療の目標は,発作を予防し,気管支の炎症を抑え過敏性を改善して成人になるまで持ち越さないことです。


 ① 吸入ステロイド(フルタイド、アルデシン)

  炎症を抑えるステロイドの発作予防薬です。

  1日に2~4回,小型のスプレー管を使います。

  また,スペーサーと呼ばれる吸入補助具を使う場合もあります。

  吸入後は口腔内を清潔にするために含嗽(がんぞう)(うがい)します。

  ステロイドの使用によって免疫力が低下するからです。


 ② テオフィリン製剤(テオドール、アルビナ坐薬など)

  気管支を広げる作用と炎症を抑える作用があります。

  ただし,血中濃度が高くなると高血糖,アシドーシス,吐血,痙攣などの副作用が出るので注意が必要です。

 ③ β2刺激薬(メプチン、べネトリンなど)

  交感神経を刺激して気管支を広げます。

  発作が出たときに使われる発作改善薬です。

  吸入すれば,数分で効果が出ます。

  内服は時間がかかりますが,1時間前後で効果が出ます。

 ④ 抗アレルギー薬


  アレルギー反応を抑えて,喘息発作を予防するために使われます。

 ⑤ 去痰剤(ムコダイン、ムコソルバンなど)

  痰を出しやすくします。

 ⑥ アレルゲンの除去


  アレルゲンとは,アレルギー疾患を持っている人の抗体と反応してアレルギー反応を起こす物質です。

  アレルギー反応とは,免疫反応が過剰に起こることです。

  外来の異物を排除しようとして,それが過剰になるんですね。

  アレルゲンには,さまざまなものがありますが,ここでは吸入性アレルゲンを取り上げます。

  吸入性アレルゲンには,室内塵(しつないじん),皮屑(ひせつ),花粉,真菌,昆虫などがあります。

  室内塵は,ハウスダストとも言われ,気管支喘息の最も多い原因となっています。

  ダニやその死骸や糞などです。

  皮屑は,主に犬や猫などのフケです。

  花粉は,スギ花粉やイネの花粉,珍しいものにイチゴの花粉もあります。

  真菌は,カビなどをさしています。

  昆虫は,蚊やゴキブリなどです。

  こういったものが,アレルゲンとなります。

  日常生活から,なるべく減らすことが必要になります。


(5) 看護

 ① 発作時

  発作時には,起坐位,ファウラー位をとらせます。

  また,タッピングをして排痰を行います。

  腹式呼吸によって吸気時間を延長させます。

  脱水を防ぐため,水分補給を行うなどがあります。

 ② 間欠期(症状が治まっている期間)

  喘息発作の誘引の除去,生活習慣の確立,ストレスのコントロール,自立心の育成,感染予防が重要です。

  そのほか,ピークフローメーターを使って,自分のベストの値を知ります。

  ピークフローメーターは,力いっぱい息を吐いた時の息の速さを測る簡単な器具です。

  1日に2~3回測定します。

  発作が起きるときは自覚症状より,このピークフローの値が落ちるので早めに応急措置ができます。
  
  早めの吸入,服薬などによって発作を予防できます。

以上です。

そして,過去問です。

問題1 免疫グロブリンの一種であるIgGは,気管支喘息,蕁麻疹,アレルギー性鼻炎などの原因となる抗体である。


問題2 小児の気管支喘息のアレルゲンとしてはスギ花粉が多い。


問題3 気管支喘息は吸気性喘鳴を特徴とする。


問題4 アレルギー性気管支喘息では血液中の好酸球が減少する。


問題5 発作時は胸式呼吸をするように生活指導する。


はい,ここまでが気管支喘息です。

2 気管支拡張症

(1) 概念

 次は,気管支拡張症です。

 気管支拡張症は,気管支が非可逆的(元にもどらない)に拡張してしまう病態です。

 気管支拡張症は,病態ですから病気の状態をさしています。

 この場合でしたら,気管支が非可逆的に広がってしまう,ということです。

 主として左下葉(さかよう)の気管支が侵されます。
3-78.jpg


 呼吸器系の病気の中では,患者数もそれほど多くなく,1000人に2人くらいの割合で発病します。


(2) 症状

 気管支拡張症の主な症状は,長引く咳や痰,あるいは胸の痛みなどです。

 気管支が拡張すると,気管支の浄化作用が低下し,痰がたまって細菌等が繁殖しやすくなります。

 そのため,気管支炎や肺炎にかかりやすくなります。

 痰は起床時に多く排出されます。

 痰はをもち(濃性痰),感染が加わると更に量が増えます。

 多いときには,1日100ml以上になることもあります。

 症状が重くなると血の混じった痰(血痰)や喀血(かっけつ)も見られます。

 喀血は,咳き込んだときに肺などの呼吸器官から大量に出血することをいいます。

 さらに,慢性副鼻腔炎がかなりの確率で合併します。

 このほか,発熱呼吸困難になり,それに伴ってチアノーゼになることもあります。

 呼吸困難の結果,低酸素血症になって,指先が太くなる「ばち状指」が出現することもあります。

3-75.jpg


(3) 原因

 気管支拡張症の原因としては,先天性のものと後天性のものがあります。

 先天性としては,インモータイル・シリア症候群があります。

 これは気道粘膜の線毛系(せんもうけい)に先天異常があり,粘液線毛輸送系の機能不全を起こして,肺感染症を頻発する病気です。

 後天性としては,感染症,気道閉塞(きどうへいそく),免疫異常などさまざまです。

 感染症では,子どもの頃に麻疹,百日咳,ウィルス性肺炎にかかると後遺症として見られる場合があります。

 また,副鼻腔炎(蓄膿症)に罹ったことがある。

 あるいは治療中の人も起こりやすいので注意が必要です。


(4) 検査と診断

 まず,胸部X線写真では,気管支壁の肥厚嚢胞状(のうほうじょう)に拡張した気管支所見が見られます。

 しかし,軽度な症例では,はっきりしない場合もあります。

 現在では,胸部CTの検査によって,気管支の拡張病変を確認できます。


 呼吸機能検査では,閉塞(へいそく)性換気障害がみられることがあります。

 残気量の増加や1秒率の低下などです。

 息が吐きにくくなります。


(5) 治療

 ① 気道のクリーニング

  気管支の中に痰をためないこと,気管支をきれいにしておくことです。

  去痰剤の内服

  また,起床時と就寝時に体位ドレナージ行います。

  さらに,痰を切れやすくするための水分補給などです。

 ② 感染対策

  エリスロマイシンの少量投与によって症状が抑えられます。

  エリスロマイシンは,マクロライド系の抗生物質のひとつです。

 ③ 喀血対策

  喀血が続くときは,止血剤の注射,あるいは出血している気管支に直接止血剤を注入します。

  さらいは,大腿部からカテーテルを入れて出血にかかわっている血管塞いでしまう治療もあります(気管支動脈塞栓術)。


(6) 看護

 看護に当たっては,体位ドレナージの指導や,呼吸リハビリの勧めなどが重要です。

 特に濃性痰の増量には注意が必要です。

 感染症の可能性が大きいからです。


 最後は過去問です。

問題6 気管支拡張症では主として上葉気管支が侵される。


問題7 気管支拡張症は濃性痰を伴う咳が多い。


問題8 気管支拡張症では痰は終日一様に喀出される。


問題9 気管支拡張症の症状の一つに血痰がある。


問題10 気管支拡張症に外科的治療は禁忌である。


以上です。

次回は呼吸器疾患4ですね。

もう少し続きます。



 それから、お知らせです。

 ツイッターを始めました。

 ブログが更新されると、ツイートされます。

 IDは zackzack1224 です。

 よかったら、フォローしてください。

 それじゃ、また。

みなさん,お疲れさまでした。





スポンサーサイト
プロフィール

zack

Author:zack
公開講座はこちらです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (0)
内分泌 (21)
循環器 (1)
公衆衛生 (14)
日記 (67)
呼吸器 (11)
代謝 (0)
社会保障 (6)
関係法規 (7)
腎・泌尿器 (2)
消化器 (0)
試験関係 (3)
公衆衛生2 (4)
公衆衛生3 (5)
公衆衛生4 (2)
趣味 (0)
公衆衛生5 (1)
ブロとも一覧

with×××
忍者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。