スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

産業保健 労働安全衛生法

みなさん、こんにちは。

暑いですね。

堪りません!

暑いのは嫌いです。

前にも言ったね(笑)。

今回は新しいテーマです。

公衆衛生の中の産業保健です。

この部分は関係法規とも被っています。

違いは公衆衛生では保健活動も内容に入ってきますが、関係法規では法制度のみです。

このブログでは、法制度と保健活動の両方を書いていきます。




労働安全衛生法


今回は労働安全衛生法について少し説明していきます。

労働安全衛生法は、労働者の健康と安全を確保するための法律です。

特に労働によって生じる病気、健康障害を予防することが目的です。

労働者の健康と安全を確保するための法律には、その他に労働基準法があります。

労働基準法については、既に触れました。

後ほど出ますが、労働基準法と労働安全衛生法の区別が、ここでは重要です。

(1) 職場の健康管理者とその職務

 職場の健康管理者として、以下の者があります。

 ① 総括安全衛生管理者(労働安全衛生法10条)

   事業者が、業種・規模に応じて事業場ごとに選任する。
   
   そして、安全管理者、衛生管理者の指揮や労働者の安全、衛生または健康に関する業務の統括管理を行う。

 ② 安全管理者(11条)

   一定の業種において、常時50人以上の労働者を使用する事業場ごとに選任される。

   そして、安全にかかる技術的事項の管理を職務とする。

 ③ 衛生管理者(12条)

   業種を問わず、常時50人以上の労働者を使用する事業場ごとに選任される。

   そして、衛生にかかる技術的事項の管理を職務とする。

 ④ 安全衛生推進者・衛生推進者(12条の2)

   常時10人以上50人未満の労働者を使用する事業場ごとに選任される。

   安全管理者を選任すべき業種には安全衛生推進者、衛生管理者のみを選任すればよい業種には衛生推進者が選任される。

 ⑤ 産業医(13条)

   業種を問わず、常時50人以上の労働者を使用する事業場ごとに選任される。

   そして、労働者の健康管理等を職務とする。

以上挙げたうち、みなさんが覚えておかなければならないのは、産業医ぐらいです。

昔の国試では出題されたのですが、最近は産業医ぐらいしか出題されません。

だだし、准看護師の試験は別よ。

准看の試験では、衛生管理者や安全管理者が出題されています。

注意してください。

(2) 健康診断


 労働安全衛生法では事業主に、一般健康診断、特殊健康診断などを義務付けています。

 もし、行わなければ罰金等が発生します。

 まず、雇用時の健康診断と毎年1回の一般健康診断です。


 ここ重要です。

 試験では、個別事項を挙げて、これは労働基準法の規定なのか、労働安全衛生法の規定なのか聞いてきます。

 労働安全衛生法では、産業医と健康診断ぐらいしか出ません。

 忘れないでね。

 それに対して、労働基準法はいっぱいでます。

 ですから、労働者の健康と安全に関する規定が出たら、労働基準法か労働安全衛生法のどちらかです。

 見極めは簡単ですね。

 労働安全衛生法は、産業医と健康診断です。

 それ以外は労働基準法となります。

 分かった??

 


 それじゃ、最後は過去問です。

問題46 労働安全衛生法に規定されているのはどれか。(97回)

1 休憩時間
2 健康診断
3 生理休暇
4 15誌未満の労働

簡単ですね。

今回はここまでです。

次回は職業病についてお話します。




こちらのブログはツイッターと連動しています。

ツイッターIDは zackzack1224 です。

なお、産業保健の音声動画はyou tubeにあります。

https://youtu.be/oSN1-TM2Z-4 労働安全衛生法

https://youtu.be/b1JfY6KrKqQ 職業病

https://youtu.be/Ny4gLRFts9c 職業病

https://youtu.be/9zqpdTJmkco 職業病

https://youtu.be/7kviJVsJO04 職業病

https://youtu.be/SpMXN8KXPtE 作業環境

https://youtu.be/99JC7bAkFm8 聴力障害

https://youtu.be/uPxbvNKtOig トータルヘルスプロモーション

ここです。

you tube動画、ブログが更新されるとツイッターで知らせます。

それじゃ、また。




スポンサーサイト

テーマ : 医療従事者になるための勉強
ジャンル : 学校・教育

社会保険 医療3

みなさん,こんにちは。

暑いですね。

連載再開です。

今回のテーマは医療保険です。

でも、その前に前回の問題の開設です。

問題85 国民健康保険の保険者はどれかですね。

これは、市町村と特別区と国民健康保険組合ですね。

したがって、25が正解です。



 ④ 給付内容

  それでは,医療保険で給付されるものは何か。

  言い換えればサービスされるのは何かです。

 ア 療養給付

  受けられるサービスですね。

  まずは診察です。

  皆さん方も病院に行くと聞かれるでしょ。

  「どうされました?」って。

  そして「頭が痛いんです」とか,「熱があるんです」とか,「お腹が痛いんです」って答えるでしょ。

  そうすると医師が他の事も聞いて,「風邪ですね」とか「胃炎です」とかって答えますよね。

  これが問診です。

  診察の一部です。

  そうして薬が出たり(現在は処方箋が出るところが一般的です),処置,手術をしたりします。

  いわゆる治療と呼ばれるものです。

  医療サービス,そのものを受けていますよね。

  これが現物給付です。

  日本では現物給付が原則です。

  前回にやりましたね。

  これらが療養給付と呼ばれるものです。


 イ 入院時食事療養費

  病気やけがで保険医療機関に入院したときは、療養の給付と合わせて食事が給付されます。

 ウ 療養費

  医療保険では、現物給付が原則ですが、やむをえない事情で保険診療を受けることができず、自費で受診した場合などに療養費が支給(払われます)されます。

 エ 特定療養費

  特別なサービスや高度先進医療を受けた場合、その基礎的医療の部分は特定療養費として保険給付されます。これが特定療養費制度でしたが、少し仕組みが変わりました。

 オ 家族療養費

  これは、被保険者以外の家族が病気や怪我をした場合に給付されます。

 カ 訪問看護療養費

  居宅で療養している人が、訪問看護師から療養上の世話や必要な診療の補助を受けた場合、その費用が給付されます。

 キ 移送費

  病気やけがで移動が困難な患者が、移送された場合は、移送費が現金給付として支給されます。

 ク 高額療養費

  1ヶ月間に同一医療機関でかかった自己負担額が高額になった場合に自己負担限度額を超えた部分が保険者によって後に支払われるもの。

 ケ 傷病手当

  病気や怪我のために会社を休み、事業主から十分な報酬が受けられない場合に支給される。

 コ 出産育児一時金

  被保険者が出産した場合に支給される。現在は、一児につき42万円です。

  被保険者の配偶者の場合(夫が会社勤めの奥さん)は家族出産育児一時金となります。

  内容は同じです。

 サ 埋葬費

  埋葬にかかった費用です。

 いろいろ書いてきましたが、出題されるのは限られています。

 今ですと、療養給付、高額療養費、出産育児一時金です。

 この三つぐらいしか出題されません。

 その三つぐらい覚えておけば十分です。

 ⑤ 自己負担の割合

  例えば、病院で盲腸の手術をしたとします。

  大体、40万ぐらいかかるのが現在の日本です。

  それを全部本人に負担させるのは大変ですよね。

  そこで、医療費の一部のみ負担になっています。

  これが、自己負担の割合となります。

  現在は、原則として(6歳から69歳まで)3割となります。

  6歳未満は2割

  70歳以上は2割

  75歳以上は1割

  となります。

  そうすると、盲腸の手術では12万円ぐらいでしょうか。

  でも、高額療養費制度がありますので、実際は4万円弱ですね。

  それから、6歳未満は2割といいましたが、多くの自治体で無料としています。

  これは少子化対策の一環だそうです。

  少しでも子どもを産みやすくする環境を整えるためです。

(4) 後期高齢者医療制度

  日本国内に住む75歳以上の高齢者と65歳以上75歳未満の高齢者で障害のある者を対象とする日本の医療制度です。
  この後期高齢者医療制度は准看護師の試験ではよく出題されていますね。

  特に包括払い方式が聞かれています。

  包括払い制度とは、実際に行った医療とは関係なく、特定の疾患には定額の報酬が支払われるという方式です。

  例えば、インフルエンザだったら、いくらと決まっているものです。

  腕の骨折だったら、いくらと決まっているのです。

  これが包括払い制度です。

  通常は出来高払い制度です。

  出来高払い制度では、行った医療行為ごとに医療費が支払われます。

  しかし、これを高齢者にも適用すると面倒なことが起きます。

  どういうことかというと、高齢者は長い間、身体を使っています。

  ですから、当然身体のあちこちが痛んでいます。

  これを出来高払いで行うとなると、検査漬け、薬漬けになる可能性が高くなります。

  そこで導入されたのが包括払い制度なんです。

  ただ、どうなのかな。

  この制度は医師会が反対しています。

  うまく機能していないのでしょうね。


  後期高齢者医療制度では包括払い制度が導入されています。

  ここが、この後期高齢者医療制度の特徴となり、試験で聞かれるところです。

  注意してください。



  これで、医療保険は終わりかな。

  あとは過去問ですね。

問題4 国民健康保険に加入している30歳本人の自己負担の割合はどれか。(99回)

1 なし
2 1割
3 2割
4 3割

問題4 医療保険の給付の対象となるのはどれか。(101回)

1 健康診断
2 予防接種
3 美容整形
4 疾病の治療

次回は介護保険をやります。

ここはかなり長いです。


それから、お知らせです。

ええ、ツイッターを始めました。

フォロワーが100人を超えたら公開講座をやります。

そして、その講座を録音してネットにアップします。

よろしくね。



テーマ : 医療従事者になるための勉強
ジャンル : 学校・教育

プロフィール

zack

Author:zack
公開講座はこちらです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (0)
内分泌 (21)
循環器 (1)
公衆衛生 (14)
日記 (67)
呼吸器 (11)
代謝 (0)
社会保障 (6)
関係法規 (7)
腎・泌尿器 (2)
消化器 (0)
試験関係 (3)
公衆衛生2 (4)
公衆衛生3 (5)
公衆衛生4 (2)
趣味 (0)
公衆衛生5 (1)
ブロとも一覧

with×××
忍者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。