スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

亜急性甲状腺炎 内分泌 病態 第4回

みなさん、こんにちは。

今日はかなり暖かいです。

本当に春本番です。

今年は結構寒かったので、この連休からが春かな。


今回のテーマは、亜急性甲状腺炎です。

you tubeの動画に合わせて、ブログも更新します。




1 概 念

 亜急性甲状腺炎とは、甲状腺が腫れて痛みのある疾患です。

 痛みのある点が他の甲状腺疾患と異なるところです。

 亜急性とは、急性よりは長く続くという意味で2ヶ月から4ヶ月ぐらい続きます。

 甲状腺が腫れて痛みがあるために驚く人も多いでしょうが、治りやすく再発することがまれな病気です。

 この病気では、統計上、女性は男性の10~12倍罹りやすく、30歳代、40歳代の女性に圧倒的に多い病気です。

2 症 状

 亜急性甲状腺炎は、風邪のような症状のあと2~3週間して甲状腺の腫れと痛みが出ます。

 痛みがある点が、他の甲状腺の疾患とは違います。

 夕方から夜にかけて発熱があり、37.5から40度ぐらいになります。

 首から頚部にかけて放散痛があります。

 放散痛とは、病気の原因部分とは全く異なるところに現われる痛みのことです。

 例えば、耳の後ろとか奥歯などに痛みが出ます。

 それと、痛みが片側から反対側に移動します。

 甲状腺の組織が破壊されるので甲状腺ホルモンが血液中に一時に大量に放出されます。

 そのため、バセドウ病のような症状がでます。

 動悸、息切れ、甲状腺腫、眼球突出、イライラしたり汗をかきます。

 ただし、その症状は長く続きません。

3 検 査

① 血液検査

 血液検査を行うと甲状腺ホルモンの値が高くなります。

 それから、CRP値が高くなります。

 CRPとは炎症や細胞破壊が起こると血清中に増加するタンパク質です。

 甲状腺細胞が破壊されているのでCRP値が高くなります。

② アイソトープ検査

 バセドウ病では甲状腺にヨードが取り込まれていきます。

 しかし、亜急性甲状腺炎では、甲状腺にヨードがほとんど取り込まれません。

 これによって、バセドウ病と区別ができます。

4 治 療

 亜急性甲状腺炎では対処療法が取られます。

 熱と痛みに対してはサルチル酸製剤を用います。

 痛みがひどい時には、副腎皮質ホルモン、ステロイドホルモンが使われます。


 動悸に対してはβ遮断薬が使われることもあります。

 交感神経のβ受容体に刺激を与えると、心臓の収縮力増加、心拍数増加が起きます。

 したがって、β受容体に刺激を与えないβ遮断薬を使うことによって動悸を抑えるわけです。

 
 亜急性甲状腺炎は、だいたい4~6か月で自然寛解します。

 ですから、対処療法が取られるんですね。



 あとは過去問をやってください。

 ブログの問題は少ないので過去問集で見つけてください。




亜急性甲状腺炎の音声動画はyou tubeにあります。

https://www.youtube.com/watch?v=oGyPYux3KqA

ここです。

ツイッターIDは zackzack1224 です。

you tube動画、ブログが更新されるとツイッターで知らせます。

それじゃ、また。




スポンサーサイト

テーマ : 医療従事者になるための勉強
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zack

Author:zack
公開講座はこちらです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (0)
内分泌 (21)
循環器 (1)
公衆衛生 (14)
日記 (67)
呼吸器 (11)
代謝 (0)
社会保障 (6)
関係法規 (7)
腎・泌尿器 (2)
消化器 (0)
試験関係 (3)
公衆衛生2 (4)
公衆衛生3 (5)
公衆衛生4 (2)
趣味 (0)
公衆衛生5 (1)
ブロとも一覧

with×××
忍者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。