スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内分泌 その7 橋本病

 皆さん,こんにちは。
今日は一日雨です。
この雨でキンモクセイも終わってしまいそうです。
ちょっと残念です。

はじめに,前回の過去問の解答・解説です。

1 小児の甲状腺機能低下症をクレチン症といいます。
です。

2 甲状腺機能が低下すると発育障害が起きます。
そのため,身長が伸びない,低身長がおきます。
です。

3 甲状腺ホルモンは,胃液の分泌をコントロールしていません。
と言うことは,×ですね。

4 甲状腺ホルモンは,全身の代謝亢進を進めます。
そのホルモンが低下すれば,代謝が低下します。
です。

5 甲状腺機能低下症では,粘液水腫ができます。
です。

それでは,今日は亜急性甲状腺炎からです。

(6)亜急性甲状腺炎

① 概念

亜急性とは,急性よりは長く続くという意味です。

甲状腺が腫れて痛みがあります

痛いと言うところが,他の甲状腺の疾患とは違います。

破壊された甲状腺から漏出した甲状腺ホルモンにより,一時的に甲状腺中毒の状態になります。

女性に多く,30,40代の女性に発症し易い疾患です。

② 症状

甲状腺に炎症が起こり甲状腺が腫れます(甲状腺腫脹)。

また,痛みがあります(疼痛)。

また代謝が亢進し,頻脈発熱体重減少などになったり,精神状態が不安定になりがちです(甲状腺中毒)。

③ 検査

血液検査をするとサイロキシンやトリヨードサイロニンの値が高くなります。

CRP値が上昇していること

CRPとは炎症や組織細胞の破壊が起こると血清中に増加するたタンパク質のことです。

C反応性蛋白と呼ばれます。

アイソトープ検査では,甲状腺にヨードが,ほとんど取り込まれません

ヨードは甲状腺ホルモンの原料です。

それが取り込まれないということはバセドウ病と区別できます。

④ 治療

痛みがひどい時は,副腎皮質ステロイド薬を投与します。

これで,炎症が抑えられます。

動悸に対しては、β(ベータ)遮断薬が使われます。

交感神経のβ受容体に刺激を与えると,心臓の収縮力増加,心拍数増加がおきます。

ですから,β受容体に刺激を与えないβ遮断薬を使うことによって動悸を抑えるわけです。

しかし,基本的には4~6ヶ月で自然寛解します。

通常は自然に治るので,対症療法となります。

⑤ 看護

まず,疾患を理解してもらうことです。

不安を抱かせないようにしましょう。

甲状腺の炎症がひどい時は,精神的に不安定になるので注意深く観察すること。

⑥ 過去問

最後は過去問です。

1 亜急性甲状腺炎では,血中TSH値が高値を示す。

2 亜急性甲状腺炎では,I(アイソトープ)摂取率は低値を示す。

3 亜急性甲状腺炎では,体力をあまり消耗させないためになるべく安静をとるように勧める。

4 亜急性甲状腺炎では,代謝が亢進しているので十分なエネルギーを摂取するように勧める。


(7) 慢性甲状腺炎 橋本病

① 概念

甲状腺の機能が低下した状態です。

甲状腺をターゲットのした自己免疫疾患です。

いわゆる橋本病と言われているものがほとんどです。

20~50代の女性に多く発症します。

② 症状

甲状腺機能低下症の症状が当てはまります。

また,亜急性甲状腺炎と比較すると痛みがありません

甲状腺に多数のリンパ球の浸潤が認められます。

あとは甲状腺の腫大でしょうか。

③ 検査

自己免疫疾患ですので,それに対する抗体ができます。

例えば,
甲状腺にあるサイログロブリンを異物と認識すると,
異物と認識するとは抗原と認識することです。

つまり抗原と認識すると,それに対して抗体ができます。 

抗サイログロブリン抗体です。

甲状腺にあるサイログロブリンという蛋白に対する自己抗体です。

橋本病やバセドウ病ではこの自己抗体が高く検出されます。

あるいは,甲状腺ミクロゾームを抗原と認識すると,それに対して抗体ができます。

抗ミクロゾーム抗体です。

甲状腺ミクロゾームに対する自己抗体です。

橋本病やバセドウ病では、この自己抗体が高く検出されます。

つまり,この自己抗体が多く検出されると橋本病だ,ということになるわけです。

それ以外は,甲状腺機能低下症と同じです。

④ 治療

甲状腺機能低下症と同じように,甲状腺ホルモンの補充療法です。

不足している甲状腺ホルモンを与えるということです。

自己免疫疾患ですから,ステロイドの投与も考えられます。

甲状腺が炎症を起こしているので,その炎症を抑えるという意味でステロイドを投与します。

ただし,よほど悪いときだけです。

⑤ 看護

慢性の疾患ですから,長期の治療となります。

したがって,甲状腺ホルモンの長期投与が必要なことを理解してもらうことです。

甲状腺シンチグラフィは,ヨードを含む放射腺薬剤を用いて行う核医学検査です。

検査前1~2週間はヨードを含む食品の禁止です。

それも忘れずに。

⑥ 過去問

そして,最後は過去問ですね。

1 慢性甲状腺炎は橋本病とも呼ばれる。

2 橋本病は中年以降の女性に好発する自己免疫疾患である。

3 ひじきは,甲状腺シンチグラフィの検査前には摂取してはいけない。

4 ごぼうは,甲状腺シンチグラフィの検査前には摂取してはいけない。

解答・解説は次回です。
それでは,また。


 良かったら,下にある拍手を入れてください。




スポンサーサイト

テーマ : 医療従事者になるための勉強
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zack

Author:zack
公開講座はこちらです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (0)
内分泌 (21)
循環器 (1)
公衆衛生 (14)
日記 (67)
呼吸器 (11)
代謝 (0)
社会保障 (6)
関係法規 (7)
腎・泌尿器 (2)
消化器 (0)
試験関係 (3)
公衆衛生2 (4)
公衆衛生3 (5)
公衆衛生4 (2)
趣味 (0)
公衆衛生5 (1)
ブロとも一覧

with×××
忍者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。