スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内分泌その11 クッシング症状群

 みなさん,こんにちは。

ちょっと,あいだが開きましたね。

更新を待っていてくれた方,ごめなさい。

軽い風邪です。

まあ,言い訳はともかく,まずは前回の問題の解答・解説です。

1 副腎皮質刺激ホルモンは副腎皮質を刺激します。
副腎皮質には,球状帯,束状帯,網状帯があります。
このうち束状帯を刺激すると糖質コルチコイドが分泌されます。
です。

2 アンジオテンシンは後述しますが,アルドステロンの分泌に働きます。
アルドステロンはナトリウムの再吸収に働きます。
×です。

3 アルドステロンは,ナトリウムの再吸収とカリウムの排泄に働きます。
×ですね。

4 血糖値の上昇によってインスリンが分泌されます。
糖質コルチコイドは糖新生によって血糖値を上昇させます。
×です。

5 コルチコステロイドは副腎皮質で作られるステロイドホルモンの総称です。
副腎皮質刺激ホルモンによって分泌されます。
です。


今日は副腎皮質ホルモンの疾患をやります。

まずは,クッシング症候群です。

(4)クッシング症状群

① 概念

副腎皮質ホルモンの分泌が亢進して起きる疾患です。

30~40代の女性に多く見られます。

原因による分類

いくつか原因はあるのですが,問題となるのは二つです。

ア クッシング病

下垂体腺腫からの副腎皮質刺激ホルモンの分泌が亢進して,その結果,副腎皮質過形成が起こり副腎皮質ホルモンの分泌が亢進するものです。

下垂体腺腫 ⇒ 副腎皮質刺激ホルモン増加 ⇒ 副腎皮質過形成 ⇒ 副腎皮質ホルモンの分泌亢進

腺腫とは分泌腺の細胞が増殖してできる良性腫瘍です。

イ 副腎腫瘍

副腎皮質のできた腫瘍が,副腎皮質ホルモンを過剰に分泌するもの。

② 症状

副腎皮質ホルモンの過剰分泌ですから,このホルモンの機能・生理的作用を考えましょう。

特に糖質コルチコイド(ステロイド)の作用を考えると納得がいくんじゃないかな。

 糖代謝

まずは,肝臓での糖の合成を高めます。

また,筋肉の糖の利用を阻害します。

その結果,血糖値が高くなります。

 脂肪の代謝

次に,血液中のコレステロールや中性脂肪値を上げます。

また,手足の体の先端部分の脂肪組織から脂肪を放出させる作用もあります。

そのため,身体の中心部に肥満が現れます。

これを中心性肥満といいます。

四肢よりも腹壁・顔面・上背部に脂肪がたまります。

顔面の場合は満月様顔貌 moon face

上背部の場合は野牛肩 buffalo hump

皮下脂肪が増加して皮膚が引っ張られる。

その結果,皮膚線条ができます。

いわゆる肉割れです。

あるいは妊娠したときにできる妊娠腺のことです。



上の画像の赤黒い部分がそうです。

徐々に白くなります。


 ときどき,いやよくかな。
 
 この皮膚線条,肉割れが取れるのか質問されます(笑)。

 通常は取れないかな。

 よく取れると宣伝しているサイト(美容サイト)がありますが,完全には無理じゃないかな。

 女性の皆さんは気になるよね。

 お腹とかお尻のところにできるでしょ。

 別にクッシング症候群じゃなけどね(笑)。

 もし取れたら運のいい人です。

 もちろん,美容形成なら取れるよ。


 骨の代謝

糖質コルチコイドはビタミンDと拮抗作用があります(打ち消すんだね)。

そのため,カルシウムの吸収が抑制されます。

骨の形成を低下させ,血液のカルシウム吸収を高めます。

その結果,骨量が減少し骨粗鬆症の一因になります。

また,骨折しやすくなります。

 筋肉代謝

糖質コルチコイドは横紋筋の代謝に働きます。

肝臓で糖を合成するための材料として,筋肉組織のタンパク質を分解し,アミノ酸に変えて血液中に放出します。

その結果、筋力が低下することがあります。

また,怪我をしやすくなったり,その怪我が治りにくくなります。

 電解質作用

アルドステロンはナトリウムを再吸収して,カリウムを排泄します。

ナトリウムが増えると,それに引かれて水分も増加します。

その結果,体液量が増加し血圧が上昇します。

また,カリウムは筋肉の動きを円滑にする作用があります。

しかし,そのカリウムが減少するのですから筋肉が円滑の動かず,脱力感を感じたりします。

さらに,心臓の筋肉が正常に動かなくなって心電図に異常が出たり,心不全になったりします

 免疫抑制作用

血液やリンパ節の中にはリンパ球が働いています。

このリンパ球は,自己と非自己を識別する能力があります。

非自己と認識された場合,それを異物として分解・処理します。

このような働きを免疫といいます。

糖質コルチコイド(ステロイド)は,このリンパ球相互の働きを抑えます。

また,リンパ球が作り出す抗体を減少させたりして免疫を抑制します

アレルギーは,免疫反応が異常を起こし過剰に反応したものです。

自己免疫疾患は,自己を異物と認識してしまったものです。

ですから,これらにはステロイドが第一選択肢になるんですね。

話は戻りますが,免疫が抑制されるので感染しやすくなります(易感染性)。

 性機能異常

副腎アンドロゲンの過剰によって性機能障害が起こります。

月経障害性欲減退多毛音声低下などです。

③ 検査

まずは,血液検査です。

血液中に糖質コルチコイド,特にコルチゾールが増えていないか調べます。

下垂体腺腫の場合には,頭部MRI検査を行います。

副腎腫瘍の場合には,腹部のCT検査を行います。

④ 治療

まずは過剰なホルモンを作っている腫瘍を取ることが第一です。

下垂体腺腫の場合は,経蝶形骨洞手術ができるようになっており患者にとっては朗報です。

経蝶形骨洞手術では鼻の下から器具を挿入して手術を行います。

そのため,頭部を開頭せずにでき患者の負担が軽くなります。

副腎腫瘍の場合は,開腹または背中を開けて手術をしたり,適応があれば内視鏡手術もあります。

取り切れなかったり,残ってしまった場合には薬物治療または放射線治療もあります。

薬物

アミノグルテチミド 腫瘍の増殖を抑制するのに使用される。

メチラポン      コルチゾールの合成を抑制する。

ミトタン        副腎皮質がんの治療に使用される。

⑤ 看護

患者は骨折しやすいので,外傷に注意すること。

同じく感染しやすいので,身体,室内の環境に注意する。

副腎を両方摘出したり,部分的に切除した場合には一生ステロイド薬を服用する必要があります。

その点を理解させること。

⑥ 過去問

最後はいつものように過去問です。

1 クッシング症候群ではコルチコステロイドの分泌が亢進している。

2 副腎皮質グルココルチコイドの増加によって皮下脂肪の分布が変化する。

3 クッシング病は脳下垂体後葉機能亢進によって起こされる。

4 クッシング症候群では高血圧とともに肥満を示す。

5 クッシング症候群では満月様顔貌を示す。

6 クッシング症候群では中心性肥満を認める。


解答・解説は次回です。

それでは,お疲れ様でした。



音声動画はyou tubeにあります。

https://www.youtube.com/watch?v=PadDIZGP-Pg

https://www.youtube.com/watch?v=pKbP3imvAVA

ツイッターはzackzack1224です。

ブログ・動画が更新されるとツイートされます。
スポンサーサイト

テーマ : 医療従事者になるための勉強
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

ご体調は

いかがですか?
久しぶりの更新、そしてすごい画像!まさかまさか★って思って見てみたらそのまさかでした(笑)妊娠線、怖~(*_*)
それじゃ先生、お大事に☆

妊娠線

ちょっと更新が遅れました。
先週は,ちょっと講義後が厳しかった。
あまり余裕がなくて。

yoneさん。
ありがとう。

今週は少しがんばります。

ブログの画像すごいでしょ。
男性なんですよ。
いわゆる中心性肥満です。

本人の意思とは関係なく薬の影響です。
うちの母も飲んでいて,あっという間に太りました。
痩せていたのにビックリするぐらい太りましたね。

薬を止めれば元に戻ります。
たぶん。

思春期は太りやすいので,この時期だと厳しいかもしれない。

女性は妊娠するとできますね。
お腹とは限りません。
お尻とか,フトモモとか。

よく妊娠線に効く薬があるとか,ないとか。
一度できると治りにくいです。

さっそく拝見させて
いただきました!

更新楽しみにしてます!

よろしく

昨日伺った学校の学生さんですね。

こちらこそ,よろしく。

感想があったら,聞かせてください。
プロフィール

zack

Author:zack
公開講座はこちらです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (0)
内分泌 (21)
循環器 (1)
公衆衛生 (14)
日記 (67)
呼吸器 (11)
代謝 (0)
社会保障 (6)
関係法規 (7)
腎・泌尿器 (2)
消化器 (0)
試験関係 (3)
公衆衛生2 (4)
公衆衛生3 (5)
公衆衛生4 (2)
趣味 (0)
公衆衛生5 (1)
ブロとも一覧

with×××
忍者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。