スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

内分泌 その16 性腺ホルモン

みなさん,こんにちは。
テレビでは,今月いっぱい寒いという話です。
たまりません。

受験生はそんなことは言ってられないでしょうけど。

さて,前回の問題の解答・解説です。

1 抗利尿ホルモンとはバソプレシンですね。
バソプレシンは視床下部で産生され,脳下垂体後葉から分泌されます。
ということで,×です。

2 エリスロポエチンは腎臓が分泌するホルモンです。
です。

3 レニンも腎臓が分泌するホルモンです。
です。

4 アルドステロンは,副腎皮質球状帯が分泌するホルモンです。
腎臓ではありません。
×です。

5 レニンは腎臓の血流量の低下が起きると分泌されます。
血流量が低下すれば血圧も低下します。
そうなればレニンが分泌されます。
×ですね。

さて,今回は性腺ホルモンです。


12 性腺ホルモン

(1)構造

性腺ホルモンは生殖器から分泌されます。

その構造については,生殖器の構造でやります。

問題となるのは,精巣卵巣です。

位置については下図で確認してください。



(2)機能

性腺ホルモンは,下垂体前葉からの性腺刺激ホルモン(ゴナドトロピン)によって活発化します。

性腺刺激ホルモンはゴナドトロピンともいいます。

性腺刺激ホルモンには,卵胞刺激ホルモン(FSH)黄体形成ホルモン(LH)があります。

性腺刺激ホルモンは,男性では精巣を,女性では卵巣を刺激して性腺ホルモンを分泌します。

① 精巣 男性の場合

卵胞刺激ホルモンは,精巣においては精子の形成を促進します。

卵胞刺激ホルモン ⇒ 精子形成

黄体形成ホルモンは,精巣のライディッヒ細胞に反応してテストステロンの産生を促進します。

黄体形成ホルモン ⇒ テストステロンの産生

精巣から分泌されるホルモンはテストステロンといい,黄体形成ホルモンの刺激を受けて分泌されます。

テストステロンは精巣のライディッヒ細胞から分泌されます。

ライディッヒ細胞は精細管にある細胞です。

ライディッヒの間質細胞とも呼ばれます。

下図の青い部分です。
2-85.jpg
精巣は精子形成器官であると同時に,男性ホルモンといわれるアンドロゲンを分泌する器官でもあります。

アンドロゲンは,アンドロステロン,デヒドロテストステロン,テストステロンなどの男性ホルモンを指します。
アンドロゲンは二次性徴を発現させる物質の総称です。

二次性徴としては,

ア 精巣,陰嚢,陰茎の増大

イ 陰毛,精通,変声の発生

ウ 筋肉の発達,肩幅の広がり

エ 体臭の発生(男くさい)

  親父くさいも,これでしょうか??(笑)

  などです。

② 卵巣 女性の場合

卵巣は卵胞の成熟を促進するとともに,女性ホルモンを分泌する内分泌器官でもあります。

女性ホルモンには,エストロゲンプロゲステロンがあります。

 エストロゲン

エストロゲンは,卵胞ホルモンともいいます。

エストロゲンは,卵巣にあるグラーフ卵胞から分泌されます。

グラーフ卵胞とは排卵前のかなり大きな卵胞で,およそ2cmほどの大きさになります。

グラーフ卵胞は,卵を取り囲んで卵の発育を補助する胞状体です。

2-86.jpg

エストロゲンの機能

ア 卵胞の発育

イ 子宮内膜・膣上皮の増殖(生殖器の成熟)

ウ 女性の二次性徴(乳腺の発達 骨格の女性化 皮下脂肪の沈着)

エ 子宮頸管粘液の粘性低下・増量・牽糸性の増加

粘液の粘性が低下し,量が増加すると精子が通りやすくなります。

また,牽糸性とは頸管粘液が糸を引くようになることです。

これで精子が通過しやすくなりますね。

つまり妊娠しやすくなるということです。

しかも,排卵期にあわせてエストロゲンは増加します。

エストロゲンは,妊娠しやすい状況を作るわけです。

オ 妊娠維持や分娩時の子宮筋収縮

 プロゲステロン

プロゲステロンは黄体ホルモンともいいます。

主に黄体細胞から分泌されます。

黄体細胞は,卵胞の壁を作っていた細胞が変化してできたものです。

上図の排卵後の黄体です。

プロゲステロンの機能

ア 子宮内膜の増殖を停止

イ 子宮腺分泌の促進(受精卵の着床を容易にする)

ウ 子宮筋の緊張低下

エストロゲンは子宮内膜の増殖でした。

プロゲステロンは逆に,それを抑制する作用があります。

オ 性腺刺激ホルモン放出ホルモン(LH-RH)の分泌を抑制して妊娠中の排卵抑制

カ 視床下部を刺激して基礎体温の上昇


内分泌のところでは,どのホルモンがどういう作用をするのか,それが聞かれますね。

そのあたりを中心に理解してください。

(3)過去問

1 卵胞刺激ホルモンは視床下部から放出される。

2 黄体形成ホルモンは視床下部から放出される。

3 プロラクチンは脳下垂体後葉から分泌される。

4 プロゲステロンは脳下垂体前葉から分泌される。

5 エストロゲンは副腎髄質から分泌される。


 それでは,みなさんお疲れさまでした。



音声動画はyou tubeにあります。

https://www.youtube.com/watch?v=famM8FTuzLE

https://www.youtube.com/watch?v=PIPi6Ovicro

ツイッターはzackzack1224です。

ブログ・動画が更新されるとツイートされます。
スポンサーサイト

テーマ : 医療従事者になるための勉強
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zack

Author:zack
公開講座はこちらです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (0)
内分泌 (21)
循環器 (1)
公衆衛生 (14)
日記 (67)
呼吸器 (11)
代謝 (0)
社会保障 (6)
関係法規 (7)
腎・泌尿器 (2)
消化器 (0)
試験関係 (3)
公衆衛生2 (4)
公衆衛生3 (5)
公衆衛生4 (2)
趣味 (0)
公衆衛生5 (1)
ブロとも一覧

with×××
忍者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。