スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公衆衛生1-9 人口動態統計 出生

 みなさん,こんにちは。

公衆衛生の9回目です。

まだまだ,先は続きそうです。

他の科目は同時並行で行きますね。

内分泌が途中ですが,近々再開します。

さて,前回の問題の解答・解説です。

問題1

まずは,2005年の総人口ですね。

これはです。

前回の講義の中にありましたよね。

この問題で注意することは。現在は人口が減っているということです。

これからは減っていくということに注意しましょう。

問題2

次は,老年人口ですね。

老年人口は,毎年少しずつ増えています。

割合で見ると1年で0.6~0.7ぐらいですね。

そうすると,2004年ですから20%を少し切るぐらいですね。

最も近いのは,20%でしょうか。

番ですね。


問題1 人口ピラミッドですね。

  これはひょうたん型ですね。

  3番です。

問題3 

1 投影ですか。

これは,自己が抱いている他人に対しての不都合な感情を,相手が自分に対して抱いていると思うことですね。

問題文では,面影が似ているから拒否しているんだね。

自分が嫌っているのは,相手が嫌っているからじゃないね。

これは×ですね。 


2 逆転移ですね。

カウンセラー(治療者)がクライアント(依頼人)に感情をぶつけることですね。

まだ,ぶつけていませんね。

×です。

3 同一化ですか。

これは,他人の状況を自分の状況のように思うことです。

他人の状況を思っているわけではありませんね。

×です。

4 陰性転移ですね。

転移は,クライアント(依頼人)が,過去に出合った人物に対する感情や態度をカウンセラー(治療者)に対して向けることですね。

この時に,敵意・不信感・攻撃性・猜疑心・恨み心などを持つことを陰性転移と言います。

不自然なほどに拒否的になっているんですね。

まさしく陰性転移ですね。

です。

問題4

1 反動形成は,無意識に本当の感情と反対の行動をとったり,言ったりすることですね。
友人が食べなかったから食べたんじゃないよね。
これは違うね。
×です。

2 置き換えは,欲求を達成できないときに,別の達成しやすいもので満足するんですね。
食べられないから,食べたのかな?
食べたいから,食べたんだよね。
置き換えには当たらないね。
×です。

3 合理化は,都合の良い理屈付けをすることですね。
私の得意なことです。
友人が夕食に誘ったから食べた,というのは都合の良い言い訳ですね。
これです。
です。

4 退行は,子どものように振舞って自分を守ろうとすることです。
食べ過ぎたことを,子どものように振舞って言い訳してるんじゃないね。
×です。

こんなところでしょうか。



2 人口動態統計

(1) 意義

今現在も,人口は変動しています。

このブログを読み始めて何分たちましたか?

5分ぐらいでしょうか?

それなら当然,人口は変わっていますね。

だいたい,30秒に1人ぐらいの割合で子どもが生まれ。

同じく,30秒に1人ぐらいの割合で人が亡くなります。

亡くなる人の方が,やや多いんですけど。

人口は常に変化しているんだね。

一定期間の場合、常に変化していますね。

これは時間があるからだね。

このように一定期間の場合を人口動態といいます。

これを統計にしたものが人口動態統計といいます。

人口が変化する理由は様々ですが,

① 子どもが生まれる     出生

② 人が死ぬ         死亡

③ 人が結婚する       婚姻

④ 人が離婚する       離婚

⑤ 人が生きて生まれなかった 死産

というのが,統計上のデータとして使われます。

①と②は直接的な理由だね。

生まれれば増えるし,死ねば減るでしょ。

それに対して,③と④は間接的な理由だね。

婚姻=結婚ですね。

人は結婚すると子どもを生むでしょう,という考え方からきています。

人というより「日本人は」だね。

まだまだ,未婚の母に対する見方は厳しいよね。

経済的にも苦しい状態は,免れないのではないでしょうか。

もちろん,そうじゃない人もいるよ。

でも,大方の未婚の母は社会的にも(世間の風当たり),経済的にも厳しい状態になるでしょ。

だから,結婚すると生む可能性が高くなるんだね。

逆に,離婚すると子どもが生まれる可能性が下がるね。

1人で子育ては厳しいでしょ。

経済的にもね。

だから,生まなくなると言うことです。

⑤は消極的な理由だね。

生きて生まれてこなかった ⇒ 人が増えなかった ⇒ 人口が増えない。

こんな感じでしょうか。

さて,出生です。

これは「しゅっしょう」と読みます。

「しゅっせい」じゃないよ。

でも,最近ではアナウンサーも「しゅっせい」と言っているからいいのか??

とりあえず,出生です。笑

まず,出生数と死亡数です。

出生数 107万0025人(国民衛生の動向2010)

死亡数 114万1920人(国民衛生の動向2010)

自然増加 △71,895人

減少しています。

先ほども出ましたが,日本は人口減少国家です。


人口増加率は,人口の自然増加率(出生数と死亡数の差)に社会増加率を加えたものです。

それじゃ,社会増加率って,なに?

これは,入国出国です。

日本人や外国人が入国したり。

同じく,日本人や外国人が出国することです。

と言うことは,この人口というのは,日本人だけじゃなく外国人も含まれるんだね。

これを総人口と言います。

(2) 出生

① 出生率

出生率は,人口1,000人当たり1年間で何人の子どもが生まれるかで表されます。

平成21年度 8.5人(国民衛生の動向2010)

平成21年度は8.5人でした。

日本の出生率は年々低下し続け,低出生国家群に入るところまできました。

統計データのある国では,ワースト10に入っています(世界保健統計)。

これを粗出生率とも言います。

ちなみに,平成21年度の第一子を出生した母親の平均年齢は29.5歳です。

この辺に出生率の低下の原因がありそうです。

ここでは詳しく話しませんが,みなさんも考えてみてください。

② 合計特殊出生率

再生産年齢(15~49歳)にある女子が一生の間に生む子どもの数です。

出生率というと,この合計特殊出生率を指す場合が多いです。

平成17年(2005) 1.26人
平成18年(2006) 1.32人
平成19年(2007) 1.34人
平成20年(2008) 1.37人
平成21年(2009) 1.37人
平成22年(2010)1.39人
平成23年(2011)1.39人


いずれも確定値です。

近年だと平成17年が少ないね。

少しずつですが,戻してきていると言えるのか??

無理ですね。

だって,夫婦は二人で一組でしょ。

と言うことは夫婦で二人子どもがいないと人口は維持できないよね。

正確には,この数値が2.08を超えないと人口は増えません。

現在,様々な少子化対策が採られていますが,ぜんぜん足りません。

OECD加盟の高所得国(24カ国)の中で,日本は下から3番目です。

何が下から3番目かって?

子どもに対する支援の対GDP比です。

国民所得のうちの何%が子どもの支援に当てられているかです。

日本は0.7%です。

他国は2から4%ぐらいが多いようです。

さて,合計特殊出生率はこの辺にしますね。

③ 総再生産率

これは,1人の女子が生む女児の数です。

なんだかんだと言っても,子どもを産むのは女性です。

男は産めないよね。

今の世代に女の子がいなくなると,その子が大人になった時に出産可能な女性がいなくなってしまいます。

そうなれば,それ以上子どもを生むことができなくなってしまいます。

子どもの世代に人口が増えるかは,今の世代に女の子が生まれるか否かにかかっています。

これが総再生産率です。

平成20年 0.67

合計特出生率の半分ぐらいです。

実際は男のほうがちょっと多いです。

④ 純再生産率

総再生産率に,さらに母親の世代の死亡率を考慮に入れたときを純再生産率といいます。

女の子が生まれても,その子が,みんな子どもを生むとは限らないでしょ。

途中で病気になったり,怪我をして亡くなったりすることもあるでしょ。

その点を考慮に入れたものが純再生産率です。

平成20年 0.66

やはり,少し減っています。

でも,日本のように安全で安定している国はあまり変わりませんね。

発展途上国のような国では,大きく変化することがあります。

ここの数値が1.00だと,人口は減少しないんですけどね。

結局,
純再生産率は,女性が生む女の子で,母と同じ年齢まで成長できる女の子の数となります。

以前は,このあたりの数値も試験で聴かれていたんです(平成14年以前)が,最近は出なくなりました。

なので,覚えなくていいですよ。笑

⑤ その他

最後に日本の分娩の99.8%は病院,診療所,助産所における分娩です。

みなさんは,自分がどこで生まれたかご存知ですか?

私は知っています。

母から聞きました。

自分の家で生まれた方はいますか?

最近はほとんどいませんね。

よく看護学校で聴くんですけど,ちょっと年配の方が手を挙げるぐらいですね。

それぐらい,どこかの施設で生まれているということです。

でも,むかしむかしは家で生むのが普通だったんですよ。

時代が変わったということですね。

 ちなみに,何で最近では病院で産む人が増えたのかな?

 
 これは簡単ですね。

 出産の時に何かあったら家では対処できないでしょ。

 でも,病院なら何とかなるでしょ。

 だから病院で産む人が増えたんだね。

⑥ 過去問

さて,最後はいつものように過去問です。

問題1 15歳から49歳までの女性の年齢別出生率の総和はどれか。

1 総再生産率
2 純再生産率
3 粗出生率
4 合計特殊出生率

問題2 平成18年の我が国の合計特殊出生率に最も近いのはどれか。

1 0.9
2 1.3
3 1.7
4 2.1

問題 日本における平成20年の合計特殊出生率はどれか。(100回)

1 0.37
2 1.37
3 2.37
4 3.37


以上です。

次回は死亡についてやります。

こっちの方が,さらに重要です。笑

お疲れさまでした。


こちらのブログはツイッターと連動しています。

ツイッターIDは zackzack1224 です。

なお、公衆衛生の音声動画はyou tubeにあります。

https://www.youtube.com/watch?v=ucxx99DG8Tg

https://youtu.be/Fk-WZ6NYO5M

ここです。

you tube動画、ブログが更新されるとツイッターで知らせます。

それじゃ、また。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zack

Author:zack
公開講座はこちらです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (0)
内分泌 (21)
循環器 (1)
公衆衛生 (14)
日記 (67)
呼吸器 (11)
代謝 (0)
社会保障 (6)
関係法規 (7)
腎・泌尿器 (2)
消化器 (0)
試験関係 (3)
公衆衛生2 (4)
公衆衛生3 (5)
公衆衛生4 (2)
趣味 (0)
公衆衛生5 (1)
ブロとも一覧

with×××
忍者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。