スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

呼吸器 その2

みなさん,こんにちは。

呼吸器の第2回です。

間がかなり開きましたね(笑)。

3 鼻腔

今日は上気道(じょうきどう)の構造と機能です。

上気道には鼻(び),鼻腔(びくう),咽頭(いんとう),喉頭(こうとう)があります。

(1) 構造

 まずは,鼻腔(びくう)からです。

 鼻は顔の外に見えている外鼻(がいび),鼻の中の空洞である鼻腔(びくう),鼻腔の周囲の顔の骨の中にある空洞(副鼻腔=ふくびくう)の3つからできています。

 鼻は,外鼻孔(がいびこう)によって外界とつながっています。

 外鼻孔のすぐ内側を鼻前庭(びぜんてい)といいます。

 鼻の穴のすぐ内側の皮膚でおおわれている鼻毛の生えている部分のことです。

 この鼻毛によって,吸気の際に空気中の塵を除去します。

 鼻腔を左右に分けている部分を鼻中隔(びちゅうかく)といいます。

 表面は粘膜ですが,内部は軟骨と骨から構成されています。

 この部分が,左右どちらかに曲がってしまうと,強い鼻詰まりやしつこい鼻血の原因になります。

 よくボクシングの試合などで,鼻が折れる(曲がる)というのはこのあたりです。

 曲がると鼻血の原因になります。
3-05.jpg

 鼻腔の外側から飛び出しているひだを鼻甲介(びこうかい)といいます。
  
 表面は粘膜ですが,中は骨でできています。

 上鼻甲介中鼻甲介下鼻甲介の3つがあります。

3-06.jpg


 顔の骨の中にある鼻腔の周囲にひろがる空洞を副鼻腔(ふくびくう)といいます。

 内側は粘膜でおおわれ,鼻腔とは細い通路でつながっています。

 副鼻腔は前頭洞(ぜんとうどう),篩骨洞(しこつどう),上顎洞(じょうがくどう),蝶形骨洞(ちょうけいこつどう)の4つで構成されています。

3-08.jpg

(2) 機能

 鼻前庭から鼻腔は粘膜でおおわれています。

 粘膜は分泌液を出しており,吸い込んだ空気中に含まれるごみやほこりを吸着します。(除塵)

 また,鼻腔を通る吸気はわずかの時間で37℃,湿度100%まで加温・加湿されます。

 ごみ,ほこり,細菌,ウィルスが付着した液は,鼻腔の奥に運ばれ(線毛運動),のどから痰(たん)として出たり,食道から胃に入ります。

 鼻中隔の粘膜の下には発達した血管網があり,鼻出血の好発部位となっている。

 ここをキーゼルバッハ部位といいます。

3-13.jpg

  副鼻腔の空洞は,共鳴効果を発揮して声をきれいに響かせる働き(共鳴効果)があります。

 また,副鼻腔の粘膜からも分泌液がでており,空洞内の雑菌や老廃物などを鼻腔内に排出します。

 副鼻腔が炎症を起こすといわゆる蓄のう症(副鼻腔炎)になります。

 鼻粘膜は,呼吸の際に機能しますが,嗅覚に関与する部分があります。

 この部分の粘膜は嗅上皮(きゅうじょうひ)といいます。

 内部に嗅細胞を備えています。

4 咽頭

(1) 構造

 咽頭とは,鼻の一番奥の部分から食道の入り口までをいいます。

 ちょっと細かいですけど,咽頭は上咽頭(じょういんとう),中咽頭(ちゅういんとう),下咽頭(かいんとう)の3つに分けられます。

 看護師の試験には出にくいと思いますが,ちょっと説明をしておきます。

 図をクリックすると大きくなります。

3-1.jpg

① 上咽頭

 鼻の奥とのどの境界付近をさします。

 鼻呼吸の空気の通路になります。

 耳管扁桃(じかんへんとう)や咽頭扁桃(いんとうへんとう)があります。

 扁桃とは,咽頭にある卵状の隆起を言います。

 アーモンドの種子の形に似ているためアーモンドの別称である「扁桃」と名づけられました。

 耳管扁桃は,上図の茶色の部分です。

  咽頭扁桃は,上図の黄緑色の部分です。

 ちなみに,アデノイドというのは,咽頭扁桃という組織の腺様増殖症という意味です。

 しかし,咽頭扁桃のことをアデノイドとも言います。

② 中咽頭

  口を開けたときに見える部分です。

 口蓋扁桃(こうがいへんとう)や舌扁桃(ぜつへんとう=舌根扁桃)があります。

 口蓋扁桃は,上図の赤い色の部分です。

 舌扁桃は,上図の水色の部分です。

 世間で言う「扁桃腺」は,この口蓋扁桃のことです。

  ただ,実際には「腺」はありません。

  腺というのは分泌活動を行う細胞の集まりです。

  口蓋扁桃を扁桃腺と呼ぶのは,通称あるいは一般的な名詞ということになります。


 私にも大きな「扁桃腺」があり,熱を出しやすい体質です。


 ここには口蓋垂(こうがいすい)があります。

 上図の黄色い部分です。

 口蓋垂は,軟口蓋(なんこうがい)の後部にある口蓋帆(こうがいはん)から垂れた部分です。

 一般には,「のどちんこ」とも言われていますね。

③ 下咽頭

 中咽頭の下方から食道の入り口までの間の部分です。

(2) 機能

 上咽頭,中咽頭には,免疫組織である各種の扁桃があり,喉粘膜下にあるリンパ組織とともに有害物質を防いだり,ウィルス,細菌の感染を防いでいます

 咽頭扁桃,耳管扁桃は口蓋扁桃,舌扁桃とともにワルダイエル咽頭輪(扁桃輪)を形成しています。

 ここで,感染を防止しています。

 私は子どもの頃,扁桃腺(口蓋扁桃)が大きいので切ろうかという話が出ていましたが,何か役割があるのだろうということでそのままです。

 これが正しいかどうかは別ですよ(笑)。

 口蓋垂は,飲食物が鼻腔に逆流するのを防いでいます。

 下咽頭は空気を喉頭に導入する通路となり,また発声するとき声帯の働きをたすけて反響器の働きをします。

5 喉頭

(1) 構造

 喉頭は咽頭と気管とをつなぐ気道の一部になります。

 気道は肺に通じる空気の通り道のことです。

 そして,喉頭は発声器官でもあります。

 下図の声帯(せいたい)のある辺りが喉頭になります。

 喉頭は,だいたい喉仏の辺りです。

 声帯の上部には喉頭蓋(こうとうがい)があります。


3-09.jpg

(2) 機能

 喉頭は,発声器官である声門(せいもん)があります。

 声門は前庭ヒダ(ぜんていひだ)・声帯ヒダ(せいたいひだ)によって狭められた部分で,声帯にはさまれた間隙を声門裂(せいもんれつ)といいます。

 声帯は呼吸時には開いています。

 しかし,発声時には閉じています。

 声門を閉じて,その隙間から空気を出すことで声帯を振るわせて音声を発します

呼 吸 時 発 声 時
 声 門 開いている 閉じている


3-11.jpg
3-12.jpg


 物まねの上手い人は,声帯の使い方が上手いんですね。

 喉頭の入り口には喉頭蓋があります。

 喉頭蓋が蓋をすることで誤嚥を防ぎます。

 喉頭蓋が炎症を起こすと急性喉頭蓋炎という窒息の危険を伴う病気になります。

 最後に嚥下です。

 嚥下の際には,口腔相咽頭相食道相の順に食物は流れていきます。

  食物の位置によって3相(口腔相、咽頭相、食道相)に分かれます。

  詳細については消化器でやります。

 黄色の食物が上から下に流れていくのが分かります。
 

 咽頭相の時には,口蓋垂が上がって鼻腔と遮断され,同時に喉頭蓋が下がって気管が閉じられる。

 このようにして誤嚥が防止されます。

3-14.jpg
3-15.jpg
3-16.jpg



ちょっと,長かったですけど上気道はここまでです。

次回は下気道の構造と機能をやります。




 音声・動画はyou tubeにあります。

 https://www.youtube.com/watch?v=-gS0JGfhfGQ

 https://www.youtube.com/watch?v=eCcEYs8Dpak

 https://www.youtube.com/watch?v=ju1w3Bd1r-o

 ツイッターは zackzack1224 です。

 ブログ・動画が更新されるとツイートされます。

  お疲れさまでした。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

教科書とレジメを照らし合わせて疑問点がありまして・・・・

看護師の義務のところで、レジメの守秘義務のあと"(4)罰則"で、
"2年以下の懲役、100万円以下の罰金"とありますが、
教科書150ページの守秘義務の項目に"この規定に違反したものは、6ヶ月以下の懲役または10万円以下の罰金に処せられる"って記述があります。
この違いの意味するものは何なのでしょうか?

インターネットで保助看法検索したのですが、条文の内容が載っているものが探せず分かりません。

レジメの方の罰則とは、守秘義務違反の罰則のことでなく、 例えば医療過誤とかも含んでいるからでしょうかね???

よろしかったら教えてください。

Re: 教科書とレジメを照らし合わせて疑問点がありまして・・・・

こんにちは。

レジュメが迷わせたようですね。
ごめんなさい。

さて,保助看の罰則は数種類ありいます。
一番重いのは2年以下の懲役,100万円以下の罰金です。
それ以外にも30万円以下の罰金というのがあります。

違反した行為によって異なります。

罰則として一番重いのを記述しておくのがいいかと考えまして,2年以下の懲役,100万円以下の罰金としてあります。
他意はありません。

守秘義務違反では,6ヶ月以下の懲役または10万円以下の罰金となります。

参照条文はこちらにあります。

http://www.ron.gr.jp/law/law/kangofu.htm#5-bassoku

こんなんでいいですか。
また何かあったらコメントください。

承知しました

途中で そうかなー、そうなんだろなー、とは思ったんですけど、

せっかくブログ?探したんで、書き込みしてみようと思い・・・・(すいません。(笑)

納得しました!
ご回答ありがとうございます。
教科書に載っていないと納得できなくて・・・・

Re: 承知しました

良かった。
納得してくれたんですね。

どんどん書き込みしてください。
質問,OKです。

来月の試験,頑張ってください。
普通にやれば合格です。

明日の試験も頑張ってね。

Re: タイトルなし

> 分かりやすい解説ありがとうございますm(_ _)m

こちらこそ,ありがとう。
また来てください。

No title

講義と比べ物にならないくらいわかりやすいです。ありがとうございます。これで試験は完璧です。

Re: No title

こんにちは。

うれしいコメントありがとう。

テキスト(文字)で表現しているので,面白さや楽しさが伝わるか微妙なんです。

伝わっているのなら,うれしいです。

このブログを上手く利用してください。


何か知りたいことがあれば,コメント欄に書いてください。

知っていれば,答えます。

それじゃ,またね。

プロフィール

zack

Author:zack
公開講座はこちらです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (0)
内分泌 (21)
循環器 (1)
公衆衛生 (14)
日記 (67)
呼吸器 (11)
代謝 (0)
社会保障 (6)
関係法規 (7)
腎・泌尿器 (2)
消化器 (0)
試験関係 (3)
公衆衛生2 (4)
公衆衛生3 (5)
公衆衛生4 (2)
趣味 (0)
公衆衛生5 (1)
ブロとも一覧

with×××
忍者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。