スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公衆衛生1-12 妊産婦死亡

みなさん,こんにちは。

公衆衛生 その12です。

寒いですね。

寒いのは苦手です。

もちろん,暑いのも苦手です(笑)。

まずは,前回の問題の解答・解説です。

問題1
1歳~4歳の死因順位第1位はどれか,ですね。

これは不慮の事故ですね。

平成18年も同じです。

大きくは変わっていません。

少しだけですね。

15歳から19歳の死因順位1位が不慮の事故から自殺に変わりました。

答えは2です。

問題2
わが国の10~14歳の死因順位第1位はどれか,ですね。

これも不慮の事故です。

答えは4です。

問題36 自殺の原因ですね。

これは健康問題となっています。

したがって2番です。




今日は主要死因からです。

主要死因ですから,悪性新生物。心疾患,脳血管疾患ですね。

⑥ 主要死因

悪性新生物では,34万2963人が死亡しています。

男 子 女 子
3万2973人 16.0% 1万7187人 12.6%
大 腸 2万3419人 11.3% 1万9592人 14.3%
4万8610人 23.6% 1万8239人 13.4%
乳 房 1万1797人 8.6%
子 宮 5709人 4.2%

男子は肺がんが多いですね。

次が胃がんです。

これは生活習慣病で問題になるところです。

あとでやりましょう。

女子は大腸がんが一番多いです。

二番目が肺がんですね。

この辺で十分です。

ついでに,心疾患,脳血管疾患も十分です。

生活習慣病でやります。

(4) 死産・周産期死亡・乳児死亡

ここからは子どもの死亡です。

公衆衛生の基が人口を如何にして増やすかですから,政府は知りたい統計ですね。

① 妊産婦死亡

ア 意義

まずは妊産婦死亡とは何かですね。

妊産婦死亡とは,妊婦および分娩後42日未満の産婦の死亡をいいます。

妊産婦死亡は直接産科的死亡と間接産科的死亡に分けられます。

直接産科的死亡は,妊娠時における産科的合併症が原因で死亡したものをいいます。

産科的合併症とは,妊娠そのものの異常をいい,胎盤早期剥離や前置胎盤などの場合です。

福島大野病院事件は前置胎盤ですね。

間接産科的死亡とは,妊娠前から存在した疾患または妊娠中に発症した疾患により死亡したものです。

例えば,妊娠前から心疾患を患っていて,それが悪化した場合などです。 

割合としては直接産科的死亡が多い傾向にあります。  

そして,妊産婦死亡率とは,出産10万に対する妊産婦死亡数によって表します。

イ 数値

妊産婦死亡数 妊産婦死亡率
平成18年 54人 4.8
平成19年 35人 3.1
平成20年 39人 3.5
平成21年 53人 4.8

ウ 原因

妊産婦死亡の原因ですね。

これは妊娠中毒症分娩後の異常出血が最も多いです。

福島大野病院事件も異常出血ですね。

エ 傾向

妊産婦死亡率は,全体としては減少傾向にあるといえます。

平成元年が10.4でした。

平成14年が7.1です。

平成21年が4.8ですから減少傾向といえます。

最近の都道府県間の格差は大きいといえます。

最大で5.8倍ほどあります。

搬送整備の差かもしれません。

② 死産

ア 意義

次は,死産です。

人口動態統計でいう死産とは妊娠満12週以降の死児の出産です。

ここは語呂合わせで覚えられますね。

4-1.jpg

それ以前は流産といいます。

死産率は,出産数(出生数+死産数)1,000に対する割合です。

これには人工死産と自然死産があります。


イ 数値

死産率 自然死産 人工死産
平成18年 27.5
平成19年 26.2
平成20年 25.2 11.3 13.9
平成21年(速報値) 24.6 11.1 13.5

人工死産のほうが自然死産よりも高率ですね。

人工死産は人工妊娠中絶などです。


ウ 傾向

母の年齢から見た自然死産率では,25~29歳が9.4で最低です。

つまり,この年齢が死産率が低いということです。

エ 死産届

死産届は,死産後7日以内に届け出ることになっています。

③ 周産期死亡

ア 意義

次は,周産期死亡です。

まずは,周産期死亡とは何かですね。

周産期死亡とは,妊娠満22週以後の死産と生後1週未満の早期新生児死亡を加えたものです。

周産期死亡率は,出産1,000人に対する周産期死亡数の割合です。

イ 数値

周産期死亡数 周産期死亡率
平成18年 5,100 4.7
平成19年 4,906 4.5
平成20年 4,720 4.3
平成21年 4,519 4.2

わが国の母子保健の向上を示すものとして,周産期死亡率の低下が上げられます。

現在,日本は世界最高水準です。

日本は,日本は世界一安全なお産が出来る国になりました。

日本の産科医・小児科医の優秀さが現れていますね。

ウ 原因

周産期死亡の原因は

「周産期に発生した病態」 83.5%

「先天奇形・変形および染色体異常」14.8%

などです。

エ 傾向

わが国の周産期死亡の特徴は,後期死産率が高いということと,早期新生児死亡率が低いことです。

次は新生児死亡です。

④ 新生児死亡

ア 意義

まずは新生児死亡とは何かですね。

新生児死亡には,早期新生児死亡と新生児死亡の二つがあります。

早期新生児死亡とは,生後1週未満の死亡をいいます。

出生児1,000に対する割合を早期新生児死亡率といいます。

新生児死亡は生後4週未満の死亡をいいます。

同じく出生児1,000に対する割合を新生児死亡率といいます。

イ 数値

新生児死亡率 早期新生児死亡率
平成18年 1.3 1.0
平成19年 1.3 1.0
平成20年 1.2 0.9
平成21年 1.2 0.9

ウ 傾向

新生児死亡率は,戦後一貫して低下しています。

1947年 31.4
1970年  8.7
1990年  2.6
2009年  1.2

となります。

他の先進国と比較しても低率といえます。

アイスランド,スペイン,スウェーデンよりも低率です。

⑤ 乳児死亡

ア 意義

始めは意義からです。

乳児死亡とは,生後1年未満の死亡をいいます。

そして,出生児1,000に対する割合を乳児死亡率といいます。

イ 数値

乳児死亡数 乳児死亡率
平成18年 2,864 2.6
平成19年 2,828 2.6
平成20年 2,798 2.6
平成21年 2,556 2.4

ウ 原因

乳児死亡の原因は

「先天奇形・変形および染色体異常」
「周産期に特有な呼吸障害および心血管障害」
「乳幼児突然死症候群」
「不慮の事故」

などです。

エ 傾向

乳児死亡率は著しく減少しています。

1950年 60.1
1960年 30.7
1970年 13.1
2000年  3.2
2009年  2.4

激減ですね。

戦前は90を越えていましたから,まさに激減です。

これは新生児期以後の後天的な原因による死亡の減少が主因といえます。

また,出生後早い時期ほど死亡の危険が大きい傾向があります。

(5)過去問

最後は過去問です。

○ ×で解答してね。

理由も言えるように!ここが重要!

1 妊産婦死亡数は年間約500人である。

2 妊産婦死亡率は世界で最も低い。

3 妊産婦死亡の多くは直接産科的死亡である。

4 周産期死亡の原因の第1位は先天異常である。

5 周産期死亡のうち妊娠満22週以後の死産よりも早期新生児死亡の方が多い。

6 出生率が最も高い母の年齢は20~24歳である。

7 第1子を出生した母親の平均年齢は24歳である。

8 乳児死亡率は15である。

こんなところでしょうか。

お疲れさまでした。

これから,休みに入るので少し更新できそうです。

できなかったりして(笑)。




こちらのブログはツイッターと連動しています。

ツイッターIDは zackzack1224 です。

なお、公衆衛生の音声動画はyou tubeにあります。

https://youtu.be/dsIToVRayHA

https://youtu.be/wc-lJ-4w8uA

ここです。

you tube動画、ブログが更新されるとツイッターで知らせます。

それじゃ、また。

スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zack

Author:zack
公開講座はこちらです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (0)
内分泌 (21)
循環器 (1)
公衆衛生 (14)
日記 (67)
呼吸器 (11)
代謝 (0)
社会保障 (6)
関係法規 (7)
腎・泌尿器 (2)
消化器 (0)
試験関係 (3)
公衆衛生2 (4)
公衆衛生3 (5)
公衆衛生4 (2)
趣味 (0)
公衆衛生5 (1)
ブロとも一覧

with×××
忍者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。