スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公衆衛生2 感染症4

みなさん,こんにちは。

国試のあとで,みなさんも,のんびりでしょうか。

それとも,発表まではドキドキ,ハラハラですか。

今から緊張してもしょうがないよね。

まずは,前回の問題の解答・解説です。

問題1 定期予防接種の対象ですね。

これは語呂合わせでいけますね。

「マジ不潔日本三大ポリスメン」ですね。

1 麻疹は対象です。

 です。

2 水痘は任意接種です。

 ×です。

3 インフルエンザは65歳以上の人のみが対象となります。

 また,定期予防接種は1類疾病を指しています。

 この場合は×となります。

4 流行性耳下腺炎は任意接種となります。

 ×です。

問題2 経口予薬するワクチンですね。

これはポリオですね。

ただし、2012年9月から注射に変わりました。

この試験のときは、ポリオが正解ですが、今度の試験では注射になります。

間違えないでね。

4番です。

問題3 予防接種で1回のみの接種とされているものですね。

これはBCGです。

1番です。


さて,今回のテーマは結核です。


結核

1 意義

 結核は昭和25年まで死亡順位第1位でした。

 それが昭和50年に第10位となり,平成21年では第24位になっています。

 結核はかつて国民病と言われ,大変恐れられていました。

 それが,戦後,抗生物質の普及により劇的に結核患者を減少させました。

 昭和25年は死亡者数が121,769人
 昭和50年は死亡者数が 10,567人
 平成21年は死亡者数が 2,155人

 と順調に減少しているのですが,実際には,平成9年に増加に変わります。

 そして,平成11年に結核緊急事態宣言が出ます。

 平成21年に新たに結核患者として登録されたものは24,170人になります。

 結核の罹患率は人口10万人に対して19.0になります。

 これは,海外からの渡航者が急激に増加したことが原因と考えられています。


 実際に,有名人も結核に感染しているでしょ。

 ハリセンボンの箕輪はるかさんとか,JOYとかが有名ですね(2011年)。

 大体,3,4ヶ月ぐらい入院してきますね。

 今は治る病気です。

 そんなに恐れる必要はありません。

 ただ,体力のないお年寄りや,乳幼児は危険です。

 みなさんぐらいの年齢で,体力があれば3,4ヶ月で退院できます。

2 結核予防法の廃止

 平成18年,結核予防法が廃止され,感染症法に統合されました。

 結核は感染症法では2類感染症になります。

 そのため,保健所への届けでは,それまでの「2日以内」から「直ちに」に変更になりました。

 また,医療費については,従前通り95%が公費助成になり,5%が自己負担となります。

 本来,2類感染症は,健康保険と公費助成によって100%賄えるんですが,従前が5%負担だったので,それがそのままになっています。

3 定期健康診断

 検診では結核が発見されることが極めて低いことや,集団感染の防止という観点から65歳に達する日の属する年度以降,毎年行われることになりました。

 結核で亡くなる方の多くは高齢者です。

 そこで,高齢者を中心に健診を行うように改められました。

4 予防接種

 結核予防法の廃止によって,予防接種は予防接種法によって実施されています。

 昔はツベルクリン反応の陰性の者に対してBCGの接種を行っていました(訂正)。

 ツベルクリン反応は,結核菌の培養濾液を皮膚に注射すると,結核に対するアレルギー反応を起こします。

 48時間後に,注射部分の発赤(ほっせき)の直径を計測します。

 直径が9mm以下だと陰性となり,BCGを接種していました。


 分かると思うけど念のために言うよ。

 陰性ということは身体に結核菌がないということです。

 だからBCGを接種して抵抗力を高めるんです。

 陽性の人は既に結核菌がいるわけです。

 ですからBCGは接種しません。


 しかし,平成18年からは生後6ヶ月未満の者全員に対してBCGの接種が行われるようになっています。

 通常は3~4月児健診の際に一斉に行われているようです。


 もう一つ,看護師,准看護師になるとツベルクリン検査をよくやっています。

 これは感染症病棟などに勤務する人が対象のようです。

 BCGも一度接種すれば永久に罹らない,というのであればいいですけど

 そうじゃないでしょ。

 罹りにくくなるだけです。

 だからツベルクリン検査が行われているんです。


 さて,以上で公衆衛生2はおしまいかな。

 でも,3,4と続くので長いよ(笑)。

5 過去問

 最後はいつものように過去問です。

問題1 予防接種で正しいのはどれか(99回)

1 小学校1年生でツベルクリン反応検査が行われる

2 インフルエンザに使用されるのは生ワクチンである

3 麻疹および風疹の予防接種には混合ワクチンが含まれる

4 ポリオ(急性灰白髄炎)の予防接種は皮下注射で行われる



こちらのブログはツイッターと連動しています。

ツイッターIDは zackzack1224 です。

なお、感染症の音声動画はyou tubeにあります。

https://www.youtube.com/watch?v=BMIIEBn_cL0

ここです。

you tube動画、ブログが更新されるとツイッターで知らせます。

それじゃ、また。
スポンサーサイト

テーマ : 医療従事者になるための勉強
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

zack

Author:zack
公開講座はこちらです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (0)
内分泌 (21)
循環器 (1)
公衆衛生 (14)
日記 (67)
呼吸器 (11)
代謝 (0)
社会保障 (6)
関係法規 (7)
腎・泌尿器 (2)
消化器 (0)
試験関係 (3)
公衆衛生2 (4)
公衆衛生3 (5)
公衆衛生4 (2)
趣味 (0)
公衆衛生5 (1)
ブロとも一覧

with×××
忍者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。