スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

関係法規 保健師助産師看護師法2

みなさん,こんにちは。

先日,ある花の種をアップしましたが,今日は,その花をアップします。

03.jpg

まだ,5分咲き程度ですね。

もう少し咲いたら,アップで出します。



まず,前回の問題の解答・解説です。

問題1 これは保助看(保健師助産師看護師法)の条文のままです。
    です。

問題2 これも同じです。
    条文のままです。
    です。

問題3 准看護師は薬剤師からの指示を受けません。
    指示を受けるのは医師,歯科医師,看護師です。
    ×です。


3 免許

(1) 保健師助産師看護師

  保健師,助産師,看護師,准看護師の仕事は免許が必要です。

  免許がなければできません。

  そこで,

  保健師,助産師,看護師は,各国家試験に合格し,厚生労働大臣の免許を受けます(保健師助産師看護師法7条)。

  そして,厚生労働省には,保健師籍,助産師籍,看護師籍を備え,合格者は登録します(保健師助産師看護師法10条)。

  ここ重要です。

  何が重要って,登録しない限りは,それぞれの業務(仕事)ができません。

  保健師は保健師籍に登録して初めて仕事ができます。

  助産師,看護師も同じです。

  それぞれ合格者の申請によって登録します(保健師助産師看護師法12条)。

(2) 准看護師

  次は准看護師です。

  准看護師は,准看護師試験に合格して都道府県知事の免許を受けます(保健師助産師看護師法8条)。

   ここ注意してね。

   免許発行者が違います。

   保健師,助産師,看護師は厚生労働大臣が免許を発行します。

   しかし,准看護師は都道府県知事が発行します。



   それじゃ,問題です。

   ある受験者が山形県で准看護師の資格を取りました。

   でも仕事は東京でしたいと考えています。

   この人は東京で仕事はできますか???



   はい。

   できます。

   准看護師資格は日本全国で使えます。

   安心してください。

   次に,
  都道府県は,准看護師籍を備え,合格者は登録します(保健師助産師看護師法11条)。

  ここも先ほどと同じで,登録しない限りは仕事ができません。

  注意してね。

  それぞれ合格者の申請によって登録します(保健師助産師看護師法12条)。

  ここも同じです。

(3) 欠格事由(保健師助産師看護師法9条)


  次は試験に合格さえすれば免許はもらえるのか?

  です。

  普通に考えればもらえるはずです。

  しかし,ちょっと「待て」なんです。

  欠格事由というのがあります。

  欠格事由とは,免許がもらえない場合を列挙しているのです。

  全部で4つあります。

 ① 罰金以上の刑に処せられた者

   まず,罰金以上の刑に処せられた者です。

   罰金とは刑罰です。

   刑事上の罰則あるいは刑事罰ともいいます。

   刑罰には,死刑,懲役,禁錮,罰金,拘留,科料があります。

   罰金以上ですから,死刑,懲役,禁錮,罰金までは免許がもらえないとなります。

   死刑は文字通り死を与えることになります。

   日本の場合は絞首刑です。

   刑法で決まっています。

   死んでしまったら免許も何もないね。

   懲役は,刑務所に収監して定役につかせます。

   定役とは仕事のことです。

   刑務所の中で仕事をするんです。

   刑務作業といっています。

   時々,刑務所で作った家具などが売られています。

   人気なんですよ。


   禁錮は,同じく刑務所に収監されます。

   しかし,定役はありません。

   ここが違いです。

   理由はあるけど,長くなりそうなのでカットしますね(笑)。



   罰金は1万円以上の財産刑です。

   お金を強制的に取り上げます。

   ここまでが欠格事由とされます。



   それ以外の拘留,科料は欠格事由ではありません。

   拘留は1日以上30日未満の収容です。

   収容とは刑務所に収容です。

   科料は,1000円以上1万円未満の財産刑です。

 ② 業務に関し犯罪または不正な行為があった者

   業務とは,保健師,助産師,看護師,准看護師の仕事上のことをさします。

   その仕事に関し犯罪,または不正な行為を行うと免許はもらえないんだね。

   というより,これは免許をもっている人間が,仕事に関し犯罪,または不正な行為を行うと免許がなくなるんだ。

   免許がなければ仕事はないよね。

   なので,この規定は免許を持っている人に対する規定です。

 ③ 心身の障害により業務を適正に行うことができない者

   業務を適正にできないとあります。

   仕事ができないんだね。

   これが「心身の障害」があるからなんです。

   この心身の障害とは,視覚(見ること),聴覚(聞くこと),音声機能(話すこと),精神の機能(精神疾患など)の障害によって,仕事ができないことです。

   看護師の仕事はコミュニケーションだといわれています。

   心身の障害があるとコミュニケーションが取れないよね。

   そうなれば,看護に必要な認知(知ること),判断(決めること),意思の疎通(コミュニケーション)ができません。

   これじゃ,仕事にならないね。

   ということで,欠格事由になっています(保健師助産師看護師法施行規則1条)。

   ただ実際,この規定によって免許をもらえなかった人はいるのかと思い,厚生労働省に電話で問い合わせたことがあります。

   その結果は,そういう人はいないそうです。

   したがって,目が不自由でも,耳が不自由でも,あるいは拒食症で死に掛けても,下半身が麻痺していても免許はもらえるそうです。

   安心しましたか??

 ④ 麻薬,大麻,アヘンの中毒者

   最後が薬関係です。

   これらを使うと精神の作用に異常をきたします(私は使ったことがないんですけど,そう言われています)。
   そうなれば仕事はできないね。
   
   また,病院には多くの薬があります。

   もし,そんな中に薬物中毒の人がいたらどうなるだろう?

   危ないですよね。

   ということで,薬物中毒の方は欠格事由で医療従事者にはなれません。

   これらの欠格事由は,他の医療従事者にも適用されます。

   例えば,医師とか,介護士とかです。


 ⑤ 具体例

   さて,ここで皆さんに,いくつか質問です。

   まず,交通違反をした方はいませんか?
   どう?

   その時に,切符を切られたでしょ。

   青い切符か,赤い切符ですね。

   これは大丈夫ですか?

   よく罰金と言っていますよね。

   交通違反は大丈夫なのか,です。

   ここは,よく看護学校で質問を受けます。

   交通違反の罰則は行政罰といいます。

   行政上の秩序維持のための罰則です。

   罰則の種類が違うんです。

   刑事罰ではありません。

   なので,大丈夫です。

   ただし,払わないでいて,逮捕されたりすると刑罰の種類が変わります。

   今度は刑事罰です。

   1年に1回やっているでしょ。

   まさに,滞納者に対する見せしめですね。

   友人の警官が言っていましたが,結構多いそうです。

   常習なんですね。

   何か確信があって払わないというのでない限りは,さっさと済ましたほうがいいかも。



   それから,もう一つ。

   万引きです。

   昔は捕まっても,説教ぐらいで済んだんですけど今は違います。

   万引きは窃盗罪なんですね。

   窃盗罪は10年以下の懲役となっていました。

   そうすると,万引きで懲役というわけには行かないんですね。

   2000円,3000円の万引きして,刑務所行きですか?

   釣合わないでしょ。

   これを刑の均衡といいます。

   もちろん金額にもよりますよ。

   何百万円になんてなったら,懲役もありえるでしょうね。


   しかし,最近は万引きで店が潰れる場合があるんです。

   例えば,本屋さん。

   本の利益って,知っていますか?

   あれは定価の2割なんです。

   1,000円の本を売っても,200円しか利益はありません。

   そこから,人件費だとか維持費なんて出したらどうなりますか?

   万引きなんてされたら,店は潰れてしまいます。

   以前,あるタレントが万引きを告白して問題になりましたね。


   そこで今では,10年以下の懲役または50万円以下の罰金と改正されました。

   ちゃんと裁判まで行きます。

   その結果,罰金なんてことになりかねません。

   万引きは心の病の場合があります。

   精神的に不安定になった結果,犯してしまう場合です。

   なので,誰にでも可能性がありますね。

   気をつけましょう。

   以上4つが欠格事由です。


   さて,この欠格事由は一度でも当てはまると永久に免許がもらえなくなるのでしょうか?


   これらの事由は,相対的欠格事由とされています。

   相対的とは,いつまでも免許がもらえないのではなく,その事由がなくなればもらえますよ,という意味です。

   例えば,一度でも薬物で捕まっても,一定期間が経てばもらえます。

   大丈夫です。

   貰えるようになります。

   こういうのを相対的といいます。

   逆に,いつまで経っても,貰えないのを絶対的といいます。

   一度やったら二度と貰えないというものです。

   
(4) 免許の取消など(保健師助産師看護師法14条)

  そして,欠格事由がある者は免許がもらえません。

  また,免許を持っている者は,その免許が取消されます。

  あるいは,業務の停止または戒告となります。

  業務の停止ですから,仕事ができなくなります。

  これは3年以内の業務の停止です。

  そして,戒告です。

  戒告は,世間で言う注意かな。

  ちょっと疲れたね。

  長くなったので過去問をやりますね(笑)。

問題55 保健師助産師看護師法に基づくのはどれか。(97回)

1 業務の停止
2 債務不履行
3 損害賠償責任
4 業務上過失致死傷

(5) 業務

  それじゃ,次は業務です。
  業務とは仕事ですね。

  この仕事について見て行きます。

  この仕事には,独占というのがあります。
  独占とは,独り占め(ひとりじめ)のことですね。

  医療従事者には,名称独占業務独占というものがあります。

 ① 名称独占(めいしょうどくせん)(保健師助産師看護師法29条,42条の3)

  名称独占とは,その資格を持っている人しか,その名前を使えない,ということです。

  紛らわしい名称も禁止です。

  例えば,看護師は,看護師の資格を持っている人しか看護師と名乗ってはいけないということです。

  保健師や助産師,准看護師も同じです。

  これを名称独占といいます。

  名称独占は,保健師の除いて,2007年から施行されて(行われて)います。

  つまり,助産師,看護師,准看護師は2007年から名称独占になったということです。

  それまでは,紛らわしい名前で仕事をしている人もいたということですね。

  例えば,副看護師とか,見習い看護師,あるいは動物看護師というところでしょうか。

  副看護師や見習い看護師は使わなくなりましたね。

  でも,動物看護師は,今も使っていますね。

  動物病院に行くといらっしゃいますね。

  ちょっと,使い方に問題がありますね。

 ② 業務独占(ぎょうむどくせん)

  次は業務独占です。

  業務独占は,資格を持っている人しか,その仕事をしてはならない,ということです。

  例えば,看護師の資格を持っている人しか看護師の仕事はしてはならない,ということです。

  看護師の仕事は,療養上の世話,診療の補助ですね。

  これらは看護師しかできません。

  准看護師,助産師も同じです。

  この業務独占は,助産師,看護師,准看護師に当てはまります。



  ただし,保健師は業務独占ではありません。

  保健師の仕事は,保健指導ですよね。

  保健指導は,他の人もできるということです。

  例えば,栄養士は栄養に関する保健指導ができることになります。


  以上をまとめると,

  保健師名称独占です。

  助産師名称独占・業務独占です。

  看護師名称独占・業務独占です。

  准看護師名称独占・業務独占です。


  保健師だけが違いますね。

  以前はよくここが聞かれていました。

それじゃ,ここで過去問です。

問題1 看護職の説明で正しいのはどれか。(東京准平成21年)

1 保健師以外の者は保健指導を行うことができない。
2 看護師の業務を医師は行うことができない。
3 准看護師の業務は看護師の補助である。
4 准看護師の名称独占は2007から施行された。

問題33 平成19年(2007)4月から施行された改正保健師助産師看護師法で看護師に追加されたのはどれか。(98回)

1 名称独占
2 業務独占
3 欠格事由
4 免許取得条件


(6) 業務従事者届

  最後は業務従事者届出です。

  試験に合格しても,この届出をしないと仕事ができません。

  ですから,とても重要です。

  これは,厚生労働省令で定める2年毎の年の12月31日現在における,氏名,住所,その他厚生労働省令で定める事項を,その翌年の1月15日までに就業地の都道府県知事に届出なければならない(保健師助産師看護師法33条),とされています。

 ① 2年毎です。

   毎年ではありません。

 ② 12月31日現在の氏名,住所など

 ③ 翌年の1月15日までに

 ④ 就業地の都道府県知事に届出

   ここも間違え易いです。

   厚生労働大臣と勘違いします。

   保健師助産師看護師は免許の発行者が厚生労働大臣ですね。

   なので,届出も厚生労働大臣と考えやすいんですね。

  また,本籍地都道府県名や氏名など登録事項に変更があったときは30日以内に申請しなければなりません。

  届出先は誰ですか?

  都道府県知事ですね。

  間違えないでね。

  さらに,看護師免許を紛失したときは再交付を受けることもできます(保健師助産師看護師法施行令7条)。

  
最後に過去問です。

問題4 看護師の業務従事者届の間隔として規定されているのはどれか。(100回)

1 1年ごと
2 2年ごと
3 3年ごと
4 4年ごと


問題2 准看護師籍の登録事項に変更を生じたときは,籍訂正の申請先は都道府県知事である。(東京准平成20年)



以上です。

今日のは長かったね。

お疲れさまでした。

次回は保健師助産師看護師の義務についてです。



こちらのブログはツイッターと連動しています。

ツイッターIDは zackzack1224 です。

なお、保健師助産師看護師法の音声動画はyou tubeにあります。

https://youtu.be/B15xH94FPqo

https://youtu.be/A-Go7PYlkM0

https://youtu.be/VqeUxCy7QrA

https://youtu.be/HZZW-DUZyXk

ここです。

you tube動画、ブログが更新されるとツイッターで知らせます。

それじゃ、また。




スポンサーサイト

テーマ : 医療従事者になるための勉強
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

助産師の名称独占について

こんにちは
看護師保健師です。
助産師でない友人が『スピリチュアル助産師』と名乗ることについて??と思い調べておりました。
私が学生の頃は看護師と助産師は名称独占ではありませんでしたが、変わったのですね。
ということは『スピリチュアル助産師』とは名乗れないということですね。

Re: 助産師の名称独占について

始めまして。

その通りです。

紛らわしい名称も禁止されていますので、『スピリチュアル助産師』と名乗るのもだめですね。

そのそも、そういう資格があるのかということです。
プロフィール

zack

Author:zack
公開講座はこちらです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (0)
内分泌 (21)
循環器 (1)
公衆衛生 (14)
日記 (67)
呼吸器 (11)
代謝 (0)
社会保障 (6)
関係法規 (7)
腎・泌尿器 (2)
消化器 (0)
試験関係 (3)
公衆衛生2 (4)
公衆衛生3 (5)
公衆衛生4 (2)
趣味 (0)
公衆衛生5 (1)
ブロとも一覧

with×××
忍者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。