スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

公衆衛生4 母子保健2

みなさん,こんにちは。

梅雨は明けていませんが,暑いですね。

しかも,ムシムシしています。

日本の梅雨らしくなってきました(笑)。

暑いのが嫌いな私にとっては,苦手な季節です。


さて,今回だいぶ間が開きました。

すいません。

ちょっと,忙しくなっていました。

今回は予定異なり,母子保健の2回目です。

本当は腎・泌尿器の2回目を予定していました。

しかし,ちょっと,画像が間に合いませんでした。


それで,飛ばしました(ゴメン)。

次回は腎・泌尿器の2回目です。


ということで,まずは前回の問題の解答・解説です。

問題1 その通りですね。
    です。

問題はこれだけでしたね。



今回は母子健康手帳からです。

4 母子健康手帳

(1) 意義

 母子健康手帳は,妊娠中から小学校に就学するまでの母子の健康記録として使用される,市町村が交付する手帳です(母子保健法16条)。

 子ども1人につき1冊ずつ交付されます。

 したがって,双子の場合には当然2冊になります。
 三つ子だったら3冊ですね(笑)。

 母子健康手帳は,年齢や国籍に関わらず交付を受けることができます。

 そのため,外国人の居住の多い地域では,外国語版の母子健康手帳が作成されている場合があります(川崎市,横浜市,浜松市など)。

 また,母親自らが発育の経過などを随時記録できるように工夫されています(1981年から)。

 さらに,里帰り分娩などでも混乱しないように内容が統一されています(母子保健法施行規則7条)。

 例えば,子宮底長,腹囲,血圧,尿蛋白,尿糖,体重,浮腫などです。

 出産後は,子どもの成長予防接種の状況などの書込み欄もあります。

(2) 取得

 母子健康手帳を取得するには「妊娠の届出」を市町村長に提出することで行われます。

 これについては,妊娠の診断書は不要です。

 今,市町村長と言いましたが,現在は市区町村長です。
 
 ただ,国試では市町村長で問題ありません。


 この届出をすれば,市町村長(市区町村長)から手帳が交付されます。

 
 それでは,何故,市町村長は,この届出が必要なのでしょうか?

 当然,何か目的があるはずですね。

 よく「妊婦を行政的に把握するため」なんて書いてありますね。

 具体的には何?



 前回にも書きましたが,子どもが生まれると,場合によっては,市町村はお金がかかる場合があります。

 具体的には学校です。

 小学校,中学校は市町村の責任で設置されています。

 これがお金がかかるんです。

 まず場所を確保しますね。

 そしたら器(学校)を作ります。

 これだけで億単位のお金が必要です。

 数億から数十億です。

 場所によってさまざまです。

 さらに,学校の先生方です。

 これも養成します。

 こちらは実際には,都道府県でやっています。

 直接費用だけでも大変な金額です。

 そのため,以前は人口急増地帯では「教育施設負担金」というような名目でお金を集めていました。

 これが揉めたんです。

 有名なのは武蔵野市ですね。

 裁判までいっています。

 それはともかく,行政的把握とか母子保健施策の基盤というのが,このあたりですね。

 お金の準備です。


5 養育医療

(1) 意義

 まず,養育医療とは何かですね。

 養育医療とは,養育のための病院,診療所に収容することを必要とする未熟児(2000g以下)に対し都道府県及び保健所を設置する市又は特別区が,養育に必要な医療を行うことです(母子保健法20条)。

 特別区とは,東京23区のことです。


 養育医療の給付は,指定養育医療機関に委託して行われます。

 給付とありますが,給付とはサービスを提供することです。

 つまり,医療サービスそのものを受けることを指します。

 指定された医療機関で,医療サービスそのものを受けることになります。

 つまり,診察,検査,治療などです。

 費用については,保護者の経済状態に応じて公費負担されます。

(2) 対象

 その対象は,未熟児です。

 一応,体重によって区分されています。

 養育医療の対象は,2,000g以下の乳児となります。

 無気肺であっても,対象とはなりません。

 また,体重2,500g未満の乳児を出生したときは,保護者は速やかに,都道府県及び保健所を設置する市または特別区に届出なければなりません(母子保健法18条)。

 これを低出生体重児といいます。

 届出があった場合には,都道府県及び保健所を設置する市または特別区の長は,医師,助産師,保健師などに未熟児訪問指導を行わせます(母子保健法19条)。

 何としてでも,子どもを守ろうということですね。

 それでは,過去問です。

問題4 低出生体重児の基準はどれか。(98回)

1 3,000g未満
2 2,750g未満
3 2,500g未満
4 2,250g未満

 簡単ですね。

問題8 次の組合せとして,正しいのはどれか。(准看23年)

A 養育医療    -   母子保健法
B 医療扶助    -   生活保護法
C 母子健康手帳 -   母体保護法
D 定期予防接種 -   検疫法

1 A B
2 B C
3 C D
4 A D

次は母体保護法です。

6 母体保護法

(1) 意義

 これは,母体保護法の1条にあるように,母性の生命健康を保護することを目的としています。

 母親の健康を守るということですね。

(2) 内容

 内容は,次の3つです。

 ① 不妊手術

 ② 人工妊娠中絶

 ③ 受胎調節の実地指導

 です。

(3) 不妊手術(母体保護法3条)

 不妊手術を行うと,当然ながら妊娠できなくなります。

 不妊手術は,本人及び配偶者の同意を得て以下の場合に行います。

 ① 妊娠又は分娩が,母体の生命に危険を及ぼすおそれのある場合です。

 ② 現に数人の子を有し,かつ,分娩ごとに母体の健康度を著しく低下するおそれのある場合です。

 以上のような場合には,不妊手術ができます。

 次は,人工妊娠中絶です。

(4) 人工妊娠中絶(母体保護法14条)

 人工妊娠中絶とは,人工的な手段(手術または薬品)を用いて意図的に妊娠を中絶させ,胎児を殺すことです

 刑法でいうところの堕胎です。

 人工妊娠中絶は,本人及び配偶者の同意を得て以下の場合に行います。

 ① 妊娠の継続又は分娩が,身体的又は経済的理由により母体の健康を著しく害するおそれがある場合です。

   例えば,分娩によって母親の心臓病の悪化が予測される場合などです。

   また,経済的理由(お金がない)でも人工妊娠中絶ができます。

 ② 暴行若しくは脅迫によつて,または抵抗若しくは拒絶することができない間に姦淫されて妊娠した場合です。

   いわゆる強姦ですね。

 以上の二つの場合です。

 ③ 適用期間

   それでは,いつまで人口妊娠中絶ができるか。

   これは,胎児が母体外において生命を維持できない妊娠22週未満まで可能です。

   ということは,5ヵ月半までということになりますね。

   かなりお腹も目立つころですね。

   ただ,実際は,妊娠満11週内に行われたものが94%以上です。

   大体3ヵ月以内というところですね。

   人工妊娠中絶を行うのは20歳代が最も多いとされています。

   一方で少子化,一方で人工妊娠中絶と,このあたりは難しいところですね。

   話したいことが山ほどある感じでしょうか。

 ④ 届出義務

   医師は不妊手術や人工妊娠中絶を行った場合には,妊娠週数や理由,年齢を都道府県知事に届出なければなりません。

   人工妊娠中絶を行った後は,母体に障害を残すことがあります。

(5) 受胎調節の実地指導(母体保護法15条)

 母体保護法では,薬事法の規定に関わらず,避妊具を販売できるという特権を有する受胎調節実地指導員についても規定しています。

 受胎調節実地指導員の資格は,都道府県の認定した講習会を修了した保健師,助産師,看護師が取得できます。


 内容的には,ここまでです。

 母子保健のところでは「この規定は,なんと言う法律にありますか」という問題が多くあります。

 母子保健で出てくる法律は,母子保健法と母体保護法です。

 この二つだけです。

 そして,母体保護法は三つの規定です。

 不妊手術と,人工妊娠中絶,そして受胎調節の実地指導です。

 ですから,試験対策用には,不妊手術,人工妊娠中絶,受胎調節の実地指導は母体保護法で,それ以外は母子保健法と覚えます。

 これで,試験対策はバッチリです。

 例えば,母子健康手帳は母子保健法ですね。

 養育医療は母子保健法ですね。

 訪問指導は母子保健法です。

 先ほど挙げた三つ以外は,全部,母子保健法ということになります。

 こんな感じです。


それでは,最後の過去問です。

問題88 母体保護法が規定しているのはどれか。(99回)

1 人工妊娠中絶
2 助産施設への入所
3 妊産婦の訪問指導
4 受胎調節の実地指導
5 妊産婦等にかかわる危険有害業務の就業制限

問題6 「母体保護法」で規定されているのはどれか。(准看23年)

1 妊娠の届出
2 健康診査
3 養育医療
4 不妊手術

 これも簡単ですね。


国試の項目としては,これ以外に勤労婦人と母子家庭があるのですが,最近は出題されていないので割愛します。


今回はここまでです。

次回の公衆衛生は学校保健を予定しています。

みなさん,お疲れさまでした。




こちらのブログはツイッターと連動しています。

ツイッターIDは zackzack1224 です。

なお、母子保健の音声動画はyou tubeにあります。

https://youtu.be/zTHu57IA8Fg

https://youtu.be/2HD9viKRYaQ

https://youtu.be/6MaNUj6kous

https://youtu.be/bhSM19RQoLY

https://youtu.be/7aybyOv9PmY

ここです。

you tube動画、ブログが更新されるとツイッターで知らせます。

それじゃ、また。



スポンサーサイト

テーマ : 医療従事者になるための勉強
ジャンル : 学校・教育

コメントの投稿

非公開コメント

Re: No title

たまごさん。

こんにちは。

指摘ありがとう。
確認しました。

ごめんなさい。

私のミスです。

次は,ないようにしますね。
たぶん(笑)。
プロフィール

zack

Author:zack
公開講座はこちらです

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
未分類 (0)
内分泌 (21)
循環器 (1)
公衆衛生 (14)
日記 (67)
呼吸器 (11)
代謝 (0)
社会保障 (6)
関係法規 (7)
腎・泌尿器 (2)
消化器 (0)
試験関係 (3)
公衆衛生2 (4)
公衆衛生3 (5)
公衆衛生4 (2)
趣味 (0)
公衆衛生5 (1)
ブロとも一覧

with×××
忍者
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。